人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月26日

リーグワン開幕まで2週間、埼玉パナソニックワイルドナイツと東芝ブレイブルーパス東京が練習試合

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

埼玉ワイルドナイツはリーグワン仕様のジャージー

開幕まであと2週間あまり、新リーグ「リーグワン」の練習試合が各地で行われており、12月25日(土)、トップリーグ最後の王者である埼玉パナソニックワイルドナイツが、ホストスタジアムの埼玉・熊谷ラグビー場に東芝ブレイブルーパス東京を迎えて、28-12で勝利し開幕に弾みをつけた。

ファンクラブ限定スペシャルマッチだったため、2000人あまりの観客が試合を見守り、ワイルドナイツOBの高安厚史さんが実況、解説はアンバサダーに就任した福岡堅樹さんが担当した。

世界的WTBのコロインベテ。トライ量産なるか

ワイルドナイツは11月の欧州遠征に参加していた主将HO(フッカー)坂手淳史、SO(スタンドオフ)松田力也ら日本代表組だけでなく、新加入のオーストラリア代表42キャップのWTB(ウィング)マリカ・コロインベテ、ニュージーランド代表選出歴のあるFL(フランカー)ラクラン・ボーシェー、CTB(センター)ヴィンス・アソら新戦力が揃った初めての試合となった。

後半から出場したFLリーチ

ブレイブルーパスも日本代表のFL徳永祥尭、LO(ロック)ディアンズ・ワーナーが先発し、FLリーチ マイケルらが控えに入り、互いに2週間後の開幕を見据えての真剣勝負だったと言えよう。

試合開始早々はブレイブルーパスがボールを継続し、前半5分、WTB松延泰樹がトライを挙げ、5-0と先制に成功する。だが、その後はワイルドナイツが相手陣でアタックする時間が長く続き、13分にはSH(スクラムハーフ)内田啓介がトライを挙げて7-5と逆転に成功。

その後もワイルドナイツが攻めるが、ブレイブルーパスも粘りの守備を見せて得点は動かない。相手にシンビンが出た後のロスタイム、ワイルドナイツはスクラムを押し込みNO8(ナンバーエイト)ジャック・コーネルセンがトライを挙げて14-5とリードして前半を折り返した。

トライを挙げたFLガンター

後半、互いに大きくメンバーを交替する中、21分、ワイルドナイツがラインアウトを起点にアタック。FLベン・ガンターが押さえてトライ。ブレイブルーパスも再び、WTB松延が素晴らしいランを見せて相手陣に攻め込み、26分、最後はラインアウトからCTB(センター)セタ・タマニバルがトライを挙げて12-21と迫る。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ