人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月24日

報徳学園、タレントが揃うバックスを活かせるか。1回戦は屈指の好カード、茗渓学園と対戦。全国高校ラグビー大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ライバルに快勝し花園のきっぷをつかむ

ノーシードながら「花園」こと、全国高校ラグビー大会で活躍が期待されているのが報徳学園(兵庫/6年連続47回目出場)だ。12月27日の1回戦から優勝経験のある茗渓学園(茨城)と対戦し、「1回戦屈指の好カード」との呼び声が高い。

報徳学園は元明治大学監督の田中澄憲氏(現東京サンゴリアスGM)、SH(スクラムハーフ)日和佐篤(コベルコ神戸スティーラーズ)、HO(フッカー)庭井祐輔、CTB梶村祐介(ともに横浜キヤノンイーグルス)ら、日本代表選手を輩出。花園ではベスト4は1回、ベスト8も6回と、兵庫を代表する強豪だ。

J SPORTS 放送情報

昨年度の第100回記念大会は兵庫県予選決勝で、ライバルの関西学院に10-34と敗れた。それでも強豪ひしめく近畿のオータムチャレンジ(各府県2位が出場)を勝ち抜き花園に出場。だが、1回戦で御所実業(奈良)に24-5で敗れた。

新チームとなり、兵庫県の新人大会はBブロックで優勝。近畿大会に出場したが、1回戦でいきなり大阪桐蔭(大阪)とぶつかり14-43と大敗。BK(バックス)にタレントが揃う、新2年生が中心のチームだったが、接点で後手を踏んだ大敗がターニングポイントとなった。

今季はFW、BK一体となった展開力が武器

「今季はタレントが揃っているBKで勝負したいが、FW(フォワード)がボールを出さないと勝負できない」と話すのは、報徳学園で指導して25年目を迎えている、自身もOBでもある西條裕朗監督(58歳)だ。

接点を強化するためにフィジカルトレーニング、ブレイクダウンを鍛えること以外にも、学年のグループLINEに、選手全員が、毎朝何を食べたか投稿し、栄養士からのアドバイスをもらった。

左からHO大塚副将、山村主将 SH宮嵜副将

兄2人(直也、知也/BR東京)も報徳学園出身の主将CTB(センター)山村和也は、ご飯を食べる量を増やし、「1~2年のときより栄養に関して意識するようになり、体重は74kgから78kgに、ベンチプレスも70kgだったのが100kg上がるようになった」と、その効果を実感している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ