人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月13日

【ハイライト動画あり】関西学院、摂南がA残留決める。大阪体育、龍谷も貴重な財産に。ラグビー関西大学リーグ入替戦

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

関西学院大学 魚谷勇波主将

負ければ転落。勝てば来季は最高峰の舞台で戦う権利を手にする。白星と黒星で天と地ほどの隔たりがある大一番。それゆえに、グラウンドにはキックオフ前から「決戦」の雰囲気が立ちのぼった。

昨年度は入替戦が実施されなかったため、挑む側にすれば2年越しにたどり着いたチャレンジの舞台だ。受けて立つほうにとっても、今季ここまでの歩みの意義を示し、思うようにはいかなかったシーズンを笑って終える最後のチャンスである。決意。覚悟。意地。誇り。さまざまな感情が交錯する戦いは、そこに重なる思いのぶん、熱を帯びた。

11時45分キックオフの第1試合で対峙したのは、A8位の関西学院大学とB1位の大阪体育大学だ。ゲームは序盤から朱と紺のジャージーの関西学院大学が主導権を握った。

厳しいディフェンスで相手の勢いを受け切って攻撃権を奪い返すと、開始6分、ゴール前のラインアウトからFWで近場を押し込んでLO藤井崇弘が先制トライを挙げる。さらに12分にもラインアウト起点の攻撃でWTB加藤匠朗が抜け出し、巧みなフットワークでタックラーを抜き去ってポスト下へ。狙い澄ました先制パンチで14-0と先行する。

大阪体育大学も16分にNO8マウ シオネがラックサイドをねじ込んで5点を返したが、関西学院大学は浮き足立つことなくきっちり体を当てて反撃。そして24分、またもゴール前のマイボールラインアウトからLO藤井がインゴールに押さえ、スコアを広げる。そのまま19-5でハーフタイムへ。

後半も先に得点を挙げたのは関西学院大学だった。大阪体育大学の強いヒットに苦しみながらも10分にFB奥谷友規がPGを決めて22-5とすると、15分には左右に大きくボールを動かして相手防御をゆさぶり、SH橋詰学がラックサイドを突いてゴールラインを越える。これで3トライ3ゴールでも追いつけない点差に広がったことで、流れは大きく傾いた。

ラグビー 関西大学リーグ2021 入替戦

【ハイライト】関西学院大学 vs. 大阪体育大学

以降、関西学院大学は持ち味の展開力を生かしてスピーディーにボールを動かし続け、22分にLO入江元気、33分にはLO野矢健太郎がトライを追加。41-5とリードを広げて勝利を決定づける。大阪体育大学もここから開き直って攻め、途中出場のHO清水頼仁が2トライを返したが、追撃もそこまで。48-17の最終スコアで、関西学院大学がA残留を決めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ