人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月10日

「入替戦」という熱きドラマ。2年ぶり開催の関東大学対抗戦A・B入替戦

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

青山学院大学 桑田宗一郎主将

降格か、A残留か。

昇格か、B残留か。

ラグビーに懸ける若武者たちの極限的なドラマが、入替戦にはある。

12月12日(日)、関東大学対抗戦のA・B入替戦(有観客)が、埼玉・熊谷ラグビー場で行われる。

第1試合は11時30分キックオフの「青山学院大学」(対抗戦A7位)×「明治学院大学」(対抗戦B2位)」。

第2試合は14時キックオフの「立教大学」(対抗戦A8位)×「成蹊大学(対抗戦B1位)」だ。どちらもJ SPORTSオンデマンドでの限定配信となる。

挑戦者としてピッチに立てるのが、対抗戦Bグループを勝ち抜いてきた成蹊大と明治学院大だろう。

昨年度は新型コロナの影響で入替戦が行われず、無念を味わった。2021年度も入替戦の開催有無が分からない中でスタートを切っており、12日の熊谷ラグビー場は念願の檜舞台だ。

第1試合で青学大に挑戦する明学大は、監督を元早大の石川安彦氏、ヘッドコーチを元法大の笠井建志氏が務める体制。主将はLO/NO8小澤太一が務め、スローガンに「Go Hard」を掲げてハイテンポなラグビーを指向する。

今年は対抗戦Bを6勝1敗で2位通過。3位になった学習院大学に開幕戦で20-12で競り勝ち、次戦で4位になった東京大学に61-20で大勝。序盤で上位陣を倒す好スタートを切った。

悲願の対抗戦A昇格は、明治学院創立150周年の2013年だった。今回は8年ぶりの歓喜へのチャレンジだ。

対する青学大は、今年は「LEAD」をスローガンに掲げて桐蔭学園出身のSO桑田宗一郎キャプテンを軸に、ヘッドコーチも務めた清水孝哉氏が監督に。

対抗戦Aは開幕戦から黒星が続いたが、11月の筑波大学戦では3点差(21-24)の惜敗。そして立教大戦に34-25で勝利し、5点差で負けた昨季のリベンジを果たし、シーズン終盤で7位になった。

青学大はタレントが豊富であり、スクラムの中心軸であるHO相根大和、ブレイクダウンワークに強いLO清原裕揮、猛タックラーとして名高いFL中谷玲於。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ