人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月5日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、粘り強いディフェンスで3年ぶりに早明戦に勝利。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

独走トライを挙げた宮尾

12月5日。雲一つない晴天の下、満員の東京・秩父宮ラグビー場で、ラグビー関東大学対抗戦最終節、早明戦が行われた。前日の帝京大学と慶應義塾大学の試合結果により、対抗戦の2位と3位を争うこととなったこの試合。まさに早明戦にふさわしい、意地のぶつかり合いが幾度もみられたゲーム展開となった。

早稲田大学は前半は開始すぐ、明治大学に先制点を許したものの、SO伊藤大祐(スポ2=神奈川・桐蔭学園)によるPG(ペナルティゴール)、SH宮尾昌典(スポ1=京都成章)の逆転トライで、3点リードで試合を折り返す。後半は粘り強いディフェンスが功を奏し、無失点でリードを守り、最後にWTB小泉怜史(文構3=東京・早実)が劇的な独走トライ。17-7で勝利し、対抗戦の最終節を見事白星で飾った。

ラグビー 関東大学対抗戦2021

前半開始5分、相手にゲインラインを突破されると、わずかな隙を突かれ先制点を献上してしまう。しかし、早大は冷静だった。10分、敵陣で明大にノットロールアウェイの反則を与えると、早大はPGを選択。これを確実に決め、スコアを3-7とする。

その後、早大はスクラム、明大はラインアウトがうまくかみ合わず、互いに攻めあぐねる時間帯が続く。再び試合が動いたのは24分。相手のパスミスによるこぼれ球に小泉が反応しボールを蹴ると、宮尾がキャッチし、ハーフウェーラインから独走。逆転のトライを挙げる。その後はお互いにミスが重なり、ともにPGの機会を得るがどちらも失敗。早大は10-7と3点リードで後半を迎えることとなった。

後半は、さらに拮抗した展開が続く。NO8(ナンバーエイト)佐藤健次(スポ1=神奈川・桐蔭学園)のゲインや、PR(プロップ)木村陽季(社4=東京・早実)、HO(フッカー)川崎太雅(スポ2=東福岡)のタックルなど、何度か見せ場をつくるものの、なかなか敵陣深くまで攻め入ることができない。

さらには相手に自陣ゴール前で攻められる時間が続く。しかし、今日のゲームテーマである『BATTLE』を体現するかのように、15人全員が粘り強いディフェンスを見せ、最後まで得点を許さなかった。そして迎えた35分。明大に大きくゲインされ、攻め込まれたところをFL(フランカー)相良昌彦(社3=東京・早実)がターンオーバー。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ