人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月22日

【ハイライト動画あり】同志社大学、関西学院大学に圧勝で大学選手権出場を決める。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

2トライを挙げたWTB大森

11月20日、神戸総合運動公園ユニバー記念球技場(兵庫県)で2021ムロオ関西大学Aリーグ第6節、同志社大学vs.関西学院大学が行われた。同志社は序盤からトライを重ね、68-0で勝利。ボーナスポイントを含めた勝ち点5を獲得して、最終節の天理大学戦へ弾みをつけた。

共同主将SH(スクラムハーフ)田村魁世(スポ4)が前戦で負傷のため不出場となったが、変わって入ったSH新和田錬(社3)やSO嘉納一千(スポ2)を中心に次世代の選手が躍動した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

「後半メンバーが入れ替わったりしましたが、テーマの接点に対して、80分間やり続けられたところが0点に抑えられた理由なので、大切にしていきたい」(共同主将LO/ロック南光希・スポ4)。相手の攻撃に受けてしまった京産大戦から修正し、接点の部分で完勝した。

序盤から同志社の勢いでゲームが進む。スクラムで前進すると、ラインアウトのチャンスを得る。裏の空いたスペースへSO(スタンドオフ)嘉納一千(スポ2)がチョンとキックを放つと、WTB(ウィング)和田悠一郎(文情4)がキャッチし、先制した(7-0)。

続く同13分、嘉納のハイパントキックをLO依藤隆史(心理4)がセービング。最後はWTB大森広太郎(商3)がインゴールへ飛び込み、リードを広げる(14-0)。

その後も、ブレークダウンでの優位やエリアマネジメントが功を奏し、相手陣でゲームを進めた。嘉納やFB(フルバック)山口楓斗(社4)の走力を生かしたトライで得点を重ね、前半を終える(28-0)。

J SPORTS 放送情報

同志社は後半も引き続き、トライを重ねた。開始早々、スクラムを起点に徐々に前進。最後はLO南がトライを挙げた。「レッグドライブすることによって、いいテンポで球出ししつつ、アタックできた」(SH新和田)。ジュニアで活躍する若手選手が途中出場した後も、さらに勢いを加速させた。華麗な展開ラグビーで関学大を翻弄し、トライを連発する。

28分には相手のラインアウトからピンチを迎える。自陣まで攻め込まれ、ゴールライン付近での攻防が続いた。しかし、粘りのディフェンスで窮地を回避し、無失点を貫き通す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ