人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月20日

決勝での激突は10年ぶり。好選手そろう北陽台に、準決勝を競り勝った長崎北が挑む。全国高校ラグビー長崎県予選

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

ラグビー強豪県長崎県大会決勝

高校ラグビー日本一の座を争う全国高校大会の地区予選もいよいよ大詰め。11月23日には、聖地花園に集結する51校がすべて決定する。最後に行われる3つの予選決勝の中で注目されるのが、全国でも有数のラグビー強豪県である長崎県大会だ。

そのカードは、過去19回の花園出場で準優勝1回、4強1回を誇る長崎北陽台と、出場8回で4強進出1回、8強進出2回の実績を有する長崎北という伝統校同士の対戦となった。北陽台は4年連続、長崎北は8年ぶりの決勝進出で、両校が決勝で顔を合わせるのは2011年以来10年ぶり。ちなみにその時は12-12の同点でノーサイドを迎え、抽選で北陽台が花園行きのチケットを手にしている。

今季ここまでの流れを振り返ると、県新人戦は大勝を重ねて優勝した長崎北陽台に対し、長崎北は準決勝で長崎南山に12-19で敗戦。北陽台はその後、短期開催に変更された九州新人大会で大分舞鶴を28-12、専大玉名を93-0と連破し、全国選抜大会の出場権を手にする。選抜では初戦で東北2位の仙台育英を48-0と完封した後、2回戦では近畿大会2位の大阪桐蔭と対戦。7-19で敗れたものの、60分を通じて互角の戦いを披露し、地力のあるところを示した。

春から夏にかけては、両校とも新型コロナウイルスの影響で多くの試合や大会、合宿の中止を余儀なくされる中、実戦経験の不足を補うべく地道なトレーニングに励んだ。そうした中で迎えた秋の花園予選は、長崎北陽台が初戦3回戦で島原工業に84-0、準決勝で海星に105-0と、圧倒的な強さで勝ち進む。

一方の長崎北は初戦で諫早農業に69-0で大勝した後、長崎南山との準決勝では激戦を展開。0-12と先行されたところから2トライを挙げて逆転し14-12で前半を折り返すと、後半早々にもFWで近場を崩し切って21-12とリードを広げる。終盤の南山の猛反撃も渾身のディフェンスで1トライに抑え、21-19で振り切った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ