人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月8日

【ハイライト動画あり】京都産業大学、終了間際に逆転トライ。同志社大学との接戦を制し関西制覇へ大きな一歩。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

ラグビー関西大学リーグ第5節、京都産業大学と同志社大学の一戦が、天理親里競技場で行われた。

昨年のリーグ戦では30点差をつけられての大敗、今春のトーナメントでは1点差で敗北を喫していた。リベンジに燃える京産大、「京産らしいひたむきで愚直に粘り強く」というPR(プロップ)平野叶翔(西陵・4)共同主将の言葉通り、最後に我慢が報われた試合となった。

前半7分、京産大は前節にも見られたスクラムでのペナルティで同大にチャンスを与えてしまう。ラインアウトモールを組まれると押し込まれトライ。反則から先制を許す苦しいスタートとなった。

この日2トライのアサエリ・ラウシ

すぐに追いつきたい京産大は14分、敵陣深くに入り込むとゴール目前でスクラム、同大FW(フォワード)を押し込むと反則を誘った。さらにもう一度スクラムを選択、ここまで押し込まれたお返しと言わんばかりに、スクラムにこだわった。2度目も押し込むとサイドに展開する。最後はアサエリ・ラウシ(日本航空石川・3)が飛び込みトライ、7-7の同点とした。

追いついた京産大は流れに乗って追加点が欲しいところ。24分、ハーフェイライン近くからSH(スクラムハーフ)廣田瞬(天理・4)共同主将がボールを高く蹴り上げるハイパントキック。

ボールをキャッチした同大の選手の周りを赤紺の選手が囲み、平野共同主将がジャッカルに成功した。そこからのラインアウトは乱れてはしまったがマイボールにし、ディフェンスが整う前に飛び込んだアサエリ・ラウシがトライ。14-7とリードを奪った。

連続トライで順調だったが前半ロスタイム、ゴール目前でラインアウトのチャンスを与えてしまう。先制トライと同じようにモールを組まれると押し切られトライを許す。キックは外れ14-12、ここで前半を終えた。京産大としては試合を優位に進めた前半だったが同大は隙を見逃さず、2点差に迫っていた。

後半開始、1分に京産大がペナルティを犯し自陣で相手ボールラインアウト、前半と同じ形でピンチを招いてしまう。しかしここではモールを崩し粘り強いディフェンスを見せボールを奪回。前半の失点シーンを京産大が修正し、逆転を許さなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ