人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月8日

【ハイライト動画あり】熱戦続く関西Aリーグ!天理大が関学大を下して2位浮上。次戦は首位京産大との大一番

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

天理大学 アシペリ・モアラ(9/19 近畿大学 vs. 天理大学)

熱戦が続いている2021ムロオ関西大学Aリーグは、11月6日(土)、奈良・天理親里競技場で、3勝1敗の天理大学と4敗の関西学院大学の一戦を行った。

本拠地戦となる天理大は今季、リーグ開幕戦こそ近畿大学に敗れたものの、ケガで不在だったFL服部航大(4年・天理高)など一部主力が復帰したこともあり、その後は3連勝。

筒口允之(9/19 近畿大学 vs. 天理大学)

HO佐藤康キャプテン(天理高)やLOアシペリ・モアラ(日本航空石川)など強力な4年生を軸に、安定感のあるルーキーSO筒口允之(長崎南山)、スタミナ満点で台湾出身の2年生FL鄭兆毅(台湾・竹圍高)ら、有望な下級生が主力に絡んで総合力が高い。

一方の関学大は開幕4連敗だが接戦が多く、攻守ともに実力は示している。

魚谷勇波キャプテン(9/19 立命館大 vs. 関西学院大)

キャプテンのFL魚谷勇波(東海大仰星)は、守備で決定的な仕事ができる嗅覚鋭いディフェンダー。附属高の関西学院卒では好タックラーでもあるSO齊藤綜馬(2年)、元ナンバーエイトの突進力が光るHO平生翔大らも将来有望だ。

天理大戦の序盤、そのFL魚谷キャプテンがブレイクダウンで存在感を示す。ラックで正しく激しくファイトし、短い間に2度の攻守交代を起こしてチームを活気づける。

序盤の関学大はしぶとくディフェンスした。前半15分頃に天理大が仕掛けた15次攻撃も守ったが、その16次攻撃目で内に切れ込んだアントニオ・トゥイアキ(3年・NZロトルア)が、パスダミーやハンドオフを交えて突破。走り切られて先制トライ(ゴール)を奪われた。

7点を追いかける関学大も逆襲する。

直前に獲得を失敗していた敵陣ラインアウトを成功させると、力強いモールで大きく前進。タックルも鋭い1年生HO平生が危なげなくグラウンディング成功。ゴールキックは失敗したが、FWの奮闘で前半26分に5点を返した。

しかし3分後、天理大がサインプレーを炸裂させる。

ラインアウトからの一次攻撃でLOアシペリが突進――と見せかけ、相手を引きつけながらFB江本洸志(4年・日本航空石川)へパス。突破をアシストし、同じくフラットに走り込んでいたFL服部にボールがわたり鮮やかなトライが生まれた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ