人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月4日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、終盤の追撃も及ばず帝京大学に今季初黒星。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

突破を図るFL(フランカー)相良昌彦(社3=東京・早実)

雲一つない秋晴れの下、東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場で、ラグビー関東大学対抗戦の第5節となる、早稲田大学vs.帝京大学が行われた。

ここまでの対抗戦では両校ともに4連勝。全勝対決となったこの試合、主導権を握ったのは帝京大だった。早大は相手の強力なスクラムに対抗できず、9点ビハインドで前半を終える。後半はラスト5分で2トライを挙げ、必死の追い上げを見せたが一歩及ばず。最終スコアは22-29で、早大は対抗戦初黒星となった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

強力なフィジカルを持つ帝京大相手には、やはりスクラムが試合のカギを握っていた。前半開始3分、自陣でのノックオンで早くも相手にファーストスクラムを与えると、これを完全に押され、早大はコラプシングの反則を犯してしまう。そこから自陣ゴール前のラインアウトを起点に攻撃を重ねられ、失トライ。先制点を許したのは今季初であった。

その後、帝京大に対して粘り強いディフェンスを見せ、何度かアタックの契機をつくるが、自分たちのミスでなかなか敵陣に攻め入ることができない。さらに21分にもスクラムでコラプシングを取られると、24分にはマイボールスクラムを押され、ボールを拾われてトライを献上。その後も早大は攻撃の歯車がかみ合わず、肝心なところでミスを重ねてしまう。

点差を縮めることができないまま迎えた39分、ようやくWTB(ウィング)槇瑛人(スポ3=東京・国学院久我山)がハーフウェーラインからゴール前まで独走。一気に敵陣に攻め込みチャンスをつくる。その後、23フェーズにも及ぶ攻撃で、相手のノットロールアウェイからPG(ペナルティゴール)を獲得。最後にSO(スタンドオフ)吉村紘(スポ3=東福岡)がこれを決め、3-12で前半を折り返した。

9点ビハインドで迎えた後半、ここから立て直しを図りたい早大は反撃に出る。後半7分、CTB(センター)岡崎颯馬(スポ2=長崎北陽台)が相手の隙を突き前進すると、PR(プロップ)小林賢太(スポ4=東福岡)、SH(スクラムハーフ)宮尾昌典(スポ1=京都成章)にボールが渡り、宮尾が相手を振り切ってインゴールへ飛び込んだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ