人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月25日

ラグビー日本代表、欧州での3連戦に向かう遠征メンバーを発表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

藤井雄一郎NTD

10月25日(月)、15人制男子NTD(ナショナルチームディレクター)の藤井雄一郎氏がオンラインでメディアブリーフィングを行い、併せてラグビー日本代表「リポビタンDツアー2021」(アイルランド代表戦、ポルトガル代表戦、スコットランド代表戦)に参加する日本代表遠征メンバー39名を発表した。

まず藤井NTDは、23-32と善戦したオーストラリア代表戦を振り返って「選手は必死で勝つために頑張ったが、反則も多かったところもあり、自分たちで自分たちの首を絞めた部分もあった。その辺りを修正して、ヨーロッパではいい結果出せるように、今日から練習しています。切磋琢磨していいツアーにしたい」と話した。

残り2分まで1トライ取れば逆転という試合だったが、藤井NTDは「スタッツ、数字が非常に悪い。点数は最後までくらいついたが、いろんな部分で自分たちが望んでいた数字が出ていない。相手のプレッシャーとそうでない部分があった。しっかり直さないとティア1に勝つのは難しい。選手は納得していない。いろんな数字で、2019年ワールドカップから見ても一番悪い数字だった」。

「そういう中で食らいついたが、勝つというところまでいっていない。選手には善戦で満足という頭は最初からない。反則するということはプレッシャー受けているが、相手にもプレッシャーを与えている時間が長かった。ティア1との勝負はああいう形になる。こういう試合を続けていけば、どこかでこっちに転んでくると思う」と悔しそうな表情を見せた。

また、オーストラリア代表戦で出た課題に関しては「タックル成功率はそこまで悪くないと思うので、ディフェンスというよりペナルティが多かった。ペナルティが17あって(※公式記録は14)、点数に結びついているのがほとんどで、14人でやっている時間もあった。ディフェンス、アタックうんぬんより、ブレイクダウンやセットプレーの反則が一番修正しないといけない課題」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ