人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月21日

難敵・筑波大学を退けた早稲田大学、4連勝へ向け青山学院大学と対戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

筑波大戦で安定していたスクラム

ラグビー関東大学対抗戦開幕から3連勝中の早稲田大学。前節の筑波大学戦では、前半終了間際まで両校無得点という接戦を1トライ差で制した。

そして今週末、群馬・敷島ラグビー場で早大が次に迎え撃つのは青山学院大学だ。早大は前節で浮き彫りになった様々な課題をこの2週間で修正し、さらに成長を遂げているだろう。その成果を示す時が来た。

J SPORTS オンデマンド番組情報

初戦の立教大学戦、続く日本体育大学戦では無失点で完封勝利を挙げていた早大。それだけに前節の筑波大戦は選手たちにとって厳しい試合展開となった。

前半は48分まで両校一歩も譲らず無得点。「今年、自分たちがこだわってきたブレイクダウンのところでかなりプレッシャーを受けた」とFB(フルバック)河瀬諒介(スポ4=大阪・東海大仰星)も話すように、前半は想定以上に筑波大の接点での圧力を受け、なかなか試合を掌握できなかった。

しかし、前半終了間際にCTB(センター)長田智希(スポ4=大阪・東海大仰星)が意地のトライを見せる。7点リードで迎えた後半は、今季の早大が得意とするフェーズを重ねるアタックで徐々にペースをつかむと、2トライを追加。筑波大の猛追により1トライ差まで詰め寄られたが、最後まで粘り強いディフェンスを見せ、見事接戦を勝ち切った。

これまでの試合と比べれば大勝とは言えないが、『厳しい状況でも勝ち切った』という経験と、さらなるステップアップのための成長材料を手にしたことから、実りある試合であったことは間違いない。

あれから2週間。いかに課題を修正して臨んでくるか、その成長度に期待がかかる。また、強力なBK(バックス)陣を擁する筑波大を前半まで無失点で抑えた堅実なディフェンスと、攻撃の起点を幾度もつくるなど安定していたスクラムは青学大戦でも継続していきたいところだ。

対する青学大は開幕から3戦3敗。未だ勝ち星を挙げることができていないものの、初戦では昨季の対抗戦王者である明治大学相手に鋭いタックルを連発。思うように試合を展開させなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ