人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月21日

ラグビーのテストマッチ ~ジャパン vs. ワラビーズの値打ち

be rugby ~ラグビーであれ~ by 藤島 大
  • Line

日本代表vs.オーストラリア代表(2017/11/4)

パンデミックによいことなどありはしないが、それよって見直された価値ならある。ラグビーの「テストマッチ」もそうだろう。観戦の機会を長く制限されてあらためてわかった。ひとつずつの国際試合は、4年にいっぺんのワールドカップへのプロセスにとどまらず、そもそも独立した値打ちがある。

10月23日。土曜。大分市の昭和電工ドーム大分。午後1時45分。ジャパンとワラビーズのテストマッチの幕が開く。ずいぶん待たされたような気がする。

テストマッチとは先にある目標のための「テスト」とは違う。語義は「互いの心身、情熱を厳しい戦いにおいて問う」。そのときのその場の激突に存在をかけるのである。1880年代にクリケットやラグビーで用いられるようになった。

元日本代表監督、故・宿沢広朗さんの著書、その名も『TEST MATCH』(講談社)にこうある。テストマッチとは?

「ラグビーグラウンドという戦場で、国を代表する十五人が戦う戦争である」

ワラビーズは直近のテストマッチに4連勝している。ジャパン戦を終えると敵地でスコットランド、イングランド、ウェールズと対戦する。南半球の国なので「スプリング・ツアー」と呼ぶ。ようやく秋めく日本も「戦場」のひとつに選ばれた。

ニュージーランド人のデイブ・レニーHC(ヘッドコーチ)の評価は上々だ。2012年と13年、チーフスを率いてスーパーラグビーの連覇を果たした。「ブレイクダウンの鬼」で知られた。容赦ないハードワークでボール争奪のスキルや強度を磨いた。現在57歳。クック諸島の血を引き、ギターをよく奏で、若き日、ウェリントンで『ひとりぼっちの山羊飼い(The Lonely Goatherd)』というパブを営んだ経験もある。

手腕は日本ラグビーと縁のある選手の躍動にも表れた。

33歳の10番、クエイド・クーパー(花園近鉄ライナーズ)を代表へ4年ぶりに呼び戻すや、さっそく9月12日の南アフリカ戦で劇的な逆転PGを決めるなど存分に能力を発揮した。格別な才能がただ発散されるのではなく、チームを引き締める方向に作用していた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ