人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2023年5月10日

リプレースメント・バトル ~13人の三重ホンダヒートに入替戦の魂を見た~

be rugby ~ラグビーであれ~ by 藤島 大
  • Line

 

スタジアムへ最寄りの駅から向かうバスを愛している。ことに下部リーグのクラブの手配してくれるシャトル便は格別だ。いかにも「本当にラグビーが好きな人」だけが乗っている感じがする。

5月5日午前9時50分の近鉄の白子駅前。そろそろシャトルバスの発つ時間だ。三重交通Gスポーツの杜の会場まで30分弱といったところか。

リーグワンD2の三重ホンダヒートがD1のNECグリーンロケッツ東葛に挑む。入替戦の第1戦である。満席と混雑の車中が正午キックオフの試合の重みを示している。

最後部の長い席の真ん中に腰かけて、すぐ前の左右2列、立っているファンを含めて、まわりに15名、そのうちの老若3人が静かに文庫本を読んでいる。ある瞬間、スマートフォンに目を落とす者は2人だった。勝った。きっと、いい試合になる。

いい試合になった。34-29でヒートの白星。いろいろなことが起きた。緊張の決戦は「緊急事態」の連続でもあった。

勝者から見ると、上々の滑り出しで前半29分には20ー0 → 想定外だろう右プロップの連続負傷で押し合いなしのノーコンテストとなり、ルールにより14人に → さらにシンビンで13人 → 猛追を浴びる → 苦しい時間帯に歓喜のスコア → 最後の最後に5点差に詰められる…という展開だった。

前半16分、右プロップの吉岡大貴が負傷で退き、南アフリカ出身のマティウス・バッソンが入る。同時にナンバー8のパブロ・マテーラはベンチに去った。アルゼンチン代表のキャップは91、世界の顔である。入替戦における「大」の字のつく中心人物のはずだ。

選手登録におけるカテゴリA(日本代表実績あり/資格あり)がフィールドに11人いなくてはならない。その規則のためだとはわかった。ただ先発メンバーに海外生まれの選手はひしめいているので「ここはマテーラを残すべき」と放送解説席で口にしそうになった。

しかし公式の「当日メンバー確認リスト」を手元であらためると、すでにカテゴリAにくくられるカタカナの名も複数あり、プレースキックの重要性や控えの構成などを考慮すればワールドクラスの背番号8に泣いてもらうしかなさそうだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ