人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月18日

【ハイライト動画あり】同志社大学、立命館大学を後半突き放して暫定で首位浮上。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

トライを挙げた主将の南に駆け寄る選手たち

10月17日、皇子山陸上競技場(滋賀県)で、2021ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第3節、同志社大学vs.立命館大学が行われた。同志社は前半苦しんだものの、後半は勢いに乗り、42-14で勝利。勝ち点5を手にした。

今節から有観客での開催となり、2411人の観客が会場へ足を運んだ。ゲームは立命大のキックオフで試合が始まる。前半4分、同志社は前節でも優位に立ったスクラムで相手のペナルティを誘発。敵陣深くに攻め込み、開始早々に先制のチャンスを得る。

J SPORTS オンデマンド番組情報

敵陣5mからのマイボールラインアウトでモールを形成し、得点を狙った。しかし、相手にモールを崩され、今度は同志社が痛恨の反則。先制点とはならなかった。

先制点を演出したWTB和田

それでも前半8分、自慢のBK(バックス)がサインプレーで魅せる。SH(スクラムハーフ)田村(スポ4)と、SO(スタンドオフ)嘉納(スポ2)がパス交換し、逆サイドへ展開。このボールを受け取ったWTB(ウィング)和田(文情4)が相手を抜き去る。最後はフォローしていた嘉納に再び渡り、トライ(7-0)。

10分、今度は相手に自陣深くまで攻め込まれる展開となる。なんとか凌ぎたい同志社は密集でターンオーバーを狙うも、ペナルティを取られピンチに。自陣5mからのラインアウトモールから、7-7の同点に追いつかれる。

その後は敵陣深くに攻め込むも得点には結びつかず、拮抗した戦いに。特に前節でも課題となっていたマイボールラインアウトが安定せず、攻撃パターンを生かせない。38分にも、敵陣5mラインアウトで大きなチャンスを得たが、得点できず前半が終了。お互いに1トライずつを取り合う接戦となる。

「前半はトライを決めるという思いが強すぎてミスをしてしまった」とLO(ロック)南主将(スポ4)。ハーフタイムで修正し、後半は落ち着いたプレーを見せた。開始早々、FB(フルバック)山口(社4)のキックカウンターを起点に一気に敵陣へ侵入する。CTB(センター)西村(商3)からWTB和田へと繋ぎ、最後はLO南が誰もいないインゴールへ(14-7)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ