人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月11日

【ハイライト動画あり】同志社大学、主導権を握れず近畿大学に敗戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

敵を振り払い進むNO8木原

痛い黒星。同志社大学は序盤から主導権を握ることができず、10-24で近畿大学に敗北。勝ち点を得られず、2戦を終えて勝ち点5と遅れをとる結果となった。

スクラムで組み勝ち、自慢のBK(バックス)陣が展開ラグビーを見せつけるはずだった。しかし、得点したのはわずか10点。相手の反則によるPG(ペナルティゴール)の3点と、マイボールスクラムからのNO8(ナンバーエイト)木原(スポ4)のトライによる7点のみ。スクラムではボールを保持できても、その後のBKが機能できずに試合を終えた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

先制したのは同志社。前半1分に敵陣22mライン付近での近大のオーバーザトップでショットを選択し、3-0とする。初戦で天理大学を倒し勢いに乗る近大相手に、タイトなゲームになることは予想されていた。まずは得点し、同志社を流れに乗せたい。

しかし14分、ラインアウトモールからトライされ逆転を許す(3-7)。負けじと取り返した27分のトライで10-7とするも、これが同志社最後のトライとなった。

ゴール前、トライを狙うHO谷本

前半をリードで終えるも理想の展開に持ち込めず、緊張感ある面持ちでハーフタイムを迎える。心機一転で臨んだ後半だったが、やはりゲームの主導権は握れなかった。

後半6分、反則から与えたPGで近大に並ばれる(10-10)。反撃に出るも、アタックの場面でミスを連発し得点できない。対して近大の勢いは止まらず、33分にハイパントキックからディフェンスのギャップに走り込まれ逆転のトライを許す(10-17)。

J SPORTS オンデマンド番組情報

トライを返すべく前へ前へと出る気持ちがかえって反則を生んでしまった。自陣深くでの接点で反則を犯してしまう。ジリジリと攻められ、後半40分、最後の最後でさらに点を追加され試合終了(10-24)。7点差以内のボーナスポイント獲得もかなわず、貴重な勝ち点1をノーサイド直前に失い、選手たちは肩を落とした。

前後半通して多用されたキックで中々試合が動かなかった。リズムをつくりながら攻撃するのが同志社のスタイルだが、蹴り合いとセットプレーの時間が長く、アタックに時間を使えない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ