人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月11日

【ハイライト動画あり】東海大が貫禄勝ち。大東大を降して開幕2連勝。関東大学リーグ戦1部

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ワイサケ・ララトゥブア(東海大 9/26 vs.関東学院大)

強力なセットプレー、統率された強力フォワード、決定力ある快速バックス…。

リーグ戦4連覇を狙う王者が貫禄を見せた。

10月9日(土)は神奈川・東海大学グラウンドで、ともに関東大学リーグ戦1部で1勝同士の「東海大×大東文化大学」の強豪対決があった。

前半は大東大の前に出るディフェンスが光った。東海大の木村季由GM兼監督も「序盤は特にやられたなという印象です」と語るなど強みを発揮した。

開始早々、大東大はFL吉瀬航太らが音の鳴るタックルで東海大を苦しめる。守備からノックオンを誘ったファーストスクラムではペナルティも奪った。

しかし大東大の課題は、開幕戦でも安定性に欠いたラインアウトだった。

「スクラムは取ったり取られたりでしたが、ラインアウトは精度を欠きました」(大東大・日下唯志監督)

序盤にあった得点チャンスも、東海大のラインアウト・ディフェンスもあって確保ができず。特に前半の東海大はLO小池隆成らがカットを連発し、空中戦を制圧した。

大東大もHO酒木凜平キャプテンが得意のジャッカルでピンチをしのぐなどするが、東海大は次第にスクラムでも優勢に。

前半15分には敵陣でのマイボール・スクラムを押し切りペナルティを誘発。セットプレーでの圧を高めて主導権を握り始める。

すると東海大は前半18分、接点に走り込んでゲインしたLOワイサケ・ララトゥブアが、NO8ノア・トビオにオフロードパスを通してチーム初トライ。7点を先取した。

東海大はバックスの決定力も光った。

持ち前の俊足で再三チャンスを生みだしていたのはSO武藤ゆらぎだ。

前半40分には献身的なFLオフィナ・アフのジャッカルでターンオーバーが起こると、ボールを受けたSO武藤が相手FWとミスマッチをランで攻略。鮮やかな突破からWTB谷口宜顕のトライをお膳立てし、リードを14点に広げて後半へ向かった。

ラグビー 関東大学対抗戦2021

【ハイライト】東海大学 vs. 大東文化大学

大東大も後半はラインアウトも修正し、巻き返しを図った。

大東大は後半開始早々、WTB松田武蔵が左サイドのタッチライン際を突破。NO8リサラ・キシナ・フィナウは技巧も駆使しながらボールを持てばかならずゲインした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ