人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月7日

4連覇を狙う関東リーグ戦王者と、王座奪還を期する元王者。開幕2連勝を懸けて東海大と大東大が激突

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

東海大学

注目の好カードだ。

2週間遅れで開幕した関東大学リーグ戦1部は、10月9日(土)に2試合を行うが、神奈川・東海大学グラウンドでは注目の強豪対決がある。

ともに1勝同士で、関東リーグ戦4連覇を狙う東海大と、2017年以来4年ぶりの載冠を目指す大東文化大学が、開幕2連勝を懸けて激突するのだ。

まずは日下唯志監督、秋廣秀一ヘッドコーチ率いる大東大。

流通経済大学とのリーグ開幕戦では、会心の試合運びを見せて29-7で快勝した。

ブレイクダウンでしつこく圧力をかけ、素早いセットから激しく身体を当てていく。勤勉かつ高強度のディフェンスで、流経大のダイナミックな攻撃を封じ込めた。

セットプレーはラインアウトこそ安定性を欠いたものの、スクラムでは優位。

攻撃では得点機での集中力、分厚いサポートで上回り、後半35分過ぎまで29-0という展開だった。

狙うのはリーグ戦の現王者、東海大の撃破だ。

しかし、当然ながら大学日本一も狙う王者は、今年も手堅く強い。

関東学院大学との開幕戦では雨の中で9トライ57得点。失トライは後半39分の1本に抑えた。

堅調なフォワードが快勝を下支えした。

特にスクラムは破壊的な強さ。たびたび相手の反則を引き出してチームを前進させ、後半17分にはスクラムトライも奪った。

東海大の木村季由GM兼監督は「なかなか敵陣で試合を運ぶことができず、苦しい時間帯もあったが、ガマン強くプレーしたところは良かった」と評価しつつ、「形で取り切れているところはまだ足りない」と成長途上との見方を示した。

両軍ともに開幕戦で優位だったスクラム戦は要注目だろう。ファーストスクラムから激しい駆け引きが予想される。

本稿執筆時点で両軍メンバーは未発表だが、大東大ではそのスクラムを牽引するフロントローに注目したい。

流経大戦のフロントローは全員が4年生だった。

1番を背負った秋田工業出身の小島燎成はスクラムで力を発揮し、フッカーでキャプテンの酒木凜平はジャッカルも得意。北海道・遠軽高出身の野口大貴はワークレートの高いタックラーでもある。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ