人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月17日

同志社大学、春の王者として初戦の関西大学戦に挑む。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

春の関西大学戦でトライを決める梁本(3年)

春季トーナメントで強豪天理大学を撃破し、王座を奪還した同志社大学。9月18日(土)に開幕する秋季リーグ戦で悲願の頂点へ向け、無念の辞退となった昨年度の悔しさを糧に再起を図る。

共同主将のSH(スクラムハーフ)田村魁世(4年)、LO(ロック)南光希(4年)を軸に、全員が主体となってスローガンである「LINK」を体現してきた。圧倒的な団結力で着実に目標達成へ向け前進する。

J SPORTS 放送情報

FW(フォワード)、BK(バックス)ともに一丸となって戦うのが同志社の持ち味だ。中でも、天理大戦において優位に立っていたディフェンスが勝負の鍵を握るに違いない。第111代は例年に比べ選手層が厚く、熾烈なメンバー争いを勝ち抜いた精鋭のプレーに期待がかかる。

果敢に突進する谷本

FW(フォワード)は、最前線でけん引するHO(フッカー)谷本卯楽(4年)、LO(ロック)依藤隆史(4年)、南(4年)を中心に構成する。体格こそ劣るものの、8人が束となって敵陣に攻め込むプレーが強みだ。昨年からの長い練習期間で培ったフィジカルを生かしたラインアウトやスクラムを確実な得点源とする。

天理戦で鮮烈なデビューを飾ったFL(フランカー)奥平都太郎(1年)からも目が離せない。大柄の選手にも臆することのない低い重心から繰り出されるタックル。身体を張るルーキーのプレーがチームの勢いを加速させる。

ケガからの戦線復帰が期待されるFL(フランカー)木原音弥(4年)が先発争いに加われば、更に切磋琢磨しレベルアップにつながる。

J SPORTS オンデマンド番組情報

BK(バックス)では、果敢に攻めるディフェンスを武器にするWTB(ウィング)和田悠一郎(4年)が最高学年となった。また、和田と同じくU20日本代表にも選抜された実力のあるFB(フルバック)稲吉渓太(4年)の2人に注目が高まる。

また、圧倒的な存在感で紺グレを台頭するのがWTB(ウィング)山口 楓斗(4年)だ。俊足やステップを持ち味とするエースが躍動し、日本一へ導く。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ