人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月15日

同志社大学、「関西を制して日本一を獲りに行く」。共同主将2人のインタビュー。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

同志社初の共同主将、南(左)と田村

初の共同主将制を採用し、春シーズンは6年ぶりに天理大学を破って関西の頂点に立った『紺グレ』の同志社大学。夏が終わり、勝負の関西大学Aリーグの開幕が近づく中、LO(ロック)南光希主将(スポ4・東海大大阪仰星)と、SH(スクラムハーフ)田村魁世主将(スポ4・桐蔭学園)に話を聞いた。

―― 初の共同主将の手応えはいかがですか?

田村:はじめての共同主将ということで前例はないのですが、1人で抱えるというよりも、分担して一緒に引っ張っていけるので、1人では目を配れないところも光希(南:)が目を配れていたりとか、見える視野が広がった。

南:役割分担とかはないですが、2人いるので他の部員にも目を配ることが多くできて、そのおかげか、他の部員もリーダーシップを取れる人もいっぱい出てきているのでよかった。

J SPORTS 放送情報

―― 春シーズン制覇を振り返ってください

田村:春シーズンは練習してきたことを試合で出せたことが1番の自信になった。結構、決勝が終わってから言われましたが、あくまで通過点なので、秋で優勝することが目標なので、そこに向けて、しっかりいい準備してこの夏もがんばりたい。

南:やってきたことが通用したという手応えと、優勝して自信になった。秋と冬が本番なので、今は次の試合に向けて準備しています。

J SPORTS オンデマンド番組情報

―― 春の課題を踏まえて夏にやってきたことを教えて下さい

田村:春はブレイクダウンとフィットネスの強化で、ブレイクダウンを強みにしていた。いい部分も出ましたが、その分、ペナルティも多かったので、そこの規律や精度の部分、ペナルティをなくすことを意識してます。

南:ブレイクダウンとフィットネスは継続してやっていて、その精度を上げるところと、自分はFW(フォワード)なので、セットプレーの精度が春の課題で出たので、その強化。スクラムも押される場面もあったので、そういうところを重点的に強化しています。

―― 主将としてチームメイトにどういう働きかけをしていますか?

田村:マインドセットを言うようにしている。常にチャレンジャーマインド。どんな相手に対しても、常にチャレンジャーマインドで戦うことを意識させています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ