人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月11日

「全員が熱く競争する文化を作り上げる」。慶應義塾大学・原田衛主将インタビュー。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

言葉でプレーでチームを鼓舞する原田主将(中央)

大学選手権をベスト8で終えた昨年。この結果を超えるべく、さらなる躍進を誓った2021年は波乱の幕開けとなった慶應義塾大学。新型コロナウイルスのクラスターが発生し、関東大学春季大会を辞退することとなった。

しかし、この難局でも「ストイックに取り組む姿勢」「規律」を強化し、個々がハードワークを行った。ラグビー関東大学対抗戦の開幕が近づく中、HO(フッカー)原田衛主将(総4・桐蔭学園)に話を聞いた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

―― 昨シーズンを振り返っていかがですか?

一昨年、大学選手権に出場できなかったという状況の中で、先輩方が引っ張ってくださって、コロナ禍の中でそれなりの結果は出せたと思います。スクラムリーダーとしては、先輩に指摘することなどはできませんでしたが、スクラムに対する意識は変えられたのではないかなと思います。僕から始めた評価方法などはチーム全体に広がりました。

―― 印象的な試合はありますか?

最後負けてしまった試合(大学選手権 vs.早稲田大学)はセットプレーが上手くいかず勝てなかったので、悔しい思いがありました。あらゆるものが足りず負けてしまったのではないかと思います。

―― 主将に決まった時の心境はいかがですか?

あまり考えることもありませんでしたが、このチームを強い組織にしていこうということを考えました。今は活動が思うようにできていませんが、今年に入ってからは全員が熱く競争するという意識を植え付けながら文化を作り上げていこうと思っています。競争意識の重要性は常に呼びかけながら伝えているつもりです。

―― 理想のキャプテン像はありますか?

勝ちにこだわるというところと、誰よりも努力をするというところでしょうか。

―― 去年までと変えたいこと、変えたくないことを教えて下さい

継続しているのは相部前主将が厳しさを追求している方だったので、その辺りは変えることなく、チームの文化として引き継いでいかなければなりませんし、厳しくあり続けようとしています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ