人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月13日

優勝争いを左右する注目の初戦は帝京大学に軍配。筑波大学も随所に可能性示す

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

注目の初戦。激しくぶつかりあう両チームの選手たち

屈強なフィジカルをベースにした接点の推進力に絶対の自信を持つ帝京大学。対する筑波大学はFB松永貫汰主将、WTB植村陽彦ら学生有数の決定力あるランナーをBKに擁する。昨年度の対抗戦の順位は4位と5位ながら上位勢との差は紙一重、優勝争いを左右する可能性も十分にある開幕節の大一番は、予想通りの激戦となった。

試合の“入り”で上回ったのは筑波大学だ。WTB植村が蹴り込んだキックオフのボールを統率のとれたチェイスで追い詰め、いきなり敵陣ゴール前でのマイボールスクラムを獲得。すばやいボールアウトからBKのサインプレーで前進し、FL岩田真樹がゴールラインを超える。

ここまでわずか1分15秒。自分たちから仕掛けて狙い通りにゲームを動かし、用意したプレーで先にスコアを挙げて相手が構えをとる前に流れを引き寄せる。大切なオープニングマッチに向け重ねてきた準備のあとを感じさせる、完璧な立ち上がりだった。

対する帝京大学も、培ってきた地力をじわじわと発揮する。強烈な先制パンチを受けしばらくは受けに回るシーンが続いたが、12分に攻め込まれたところで相手ボールのラインアウトを奪って切り返し、左ライン際でパスを受けたWTB大藪洸太が防御裏へのキックをみずから押さえトライ。ピンチから一転して巡ってきたチャンスを見事にものにし、試合を振り出しに戻した。

その後は帝京大学が好機を作りながらも筑波大学の献身的なタックルに阻まれ仕留めきれない場面が連続し、スコアは膠着したが、35分、ようやく均衡が崩れる。ゴールラインまで約10メートルのマイボールラインアウトから帝京大学がモールを形成すると、割ってこようとする相手選手や反則に細心の注意を払いながら一歩ずつ踏みしめるように前進し、PR細木康太郎主将が右中間にグラウンディング。14-7と帝京大学が先行して前半を終えた。

拮抗した展開は後半に入ってからも続く。スクラムで優位に立ち、SO高本幹也やNO8奥井章仁、HO江良颯らが個人技でゲインを重ねる帝京大学に対し、筑波大学はFL倉井瑛志、FL岩田真樹、NO8楢本鼓太朗のバックロー陣を軸にした粘り強くひたむきなディフェンスで抗戦。SO浅見亮太郎、WTB植村、FB松永の滞空時間が長く距離の出るキックで効率よく陣地を進める試合運びもはまり、7点差のままピタリと追走する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ