人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月4日

明治大学、2度の合宿を経て秋のシーズンに挑む。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

早大戦でトライを上げて喜ぶ明大フィフティーン

勝負の秋シーズンに向けて、準備を重ねてきた。3年ぶりの大学日本一を狙う明治大学。今夏は2回の合宿を行い、関東大学対抗戦とその先の全国大学選手権に向けて鍛錬を積んだ。

8月前半には昨年度も実施した福島県のJヴィレッジで合宿を行った。「強化キャンプでトレーニング中心だった」(神鳥裕之監督)。春シーズンから見せてきた、走り勝つラグビーのためのフィットネスとフィジカルの強化。そしてチームとしての戦術の落とし込みに取り組んだ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

8月後半には2年ぶりの菅平合宿へ。「春から取り組んだことを試合で試す」とSH/スクラムハーフ飯沼蓮主将・営4=日川)。9泊10日で行った2回目の合宿では、ここ2年間の大学選手権で敗れている天理大学と、早稲田大学との練習試合も実施され、チームの課題と成長を見つける実りある合宿となった。

天理大学戦では、春季の課題であった試合の入りで圧倒する。開始2分には、自陣22mラインからのラインアウトを成功させ、BK(バックス)につなぐと、右WTB(ウイング)松本純弥(政経4=佐賀工)が大きくラインブレークし、そのままトライ。続く7分にも松本純がトライを挙げ、14-0と完璧な試合の入りを見せる。

天理大戦でチームを率いる飯沼

しかし、序盤の流れ通りにはいかず、その後は相手に攻め込まれる時間も多く14-5で前半を折り返す。それでも後半も先手を取ったのは明大。スクラムのペナルティから飯沼がクイックスタートでゴール前に運ぶと、最後は右FL(フランカー)福田大晟(商1=中部大春日丘)がトライ。その後は今季初の出場となった石田吉平(文3=常翔学園)の好プレーからのトライも生まれ28-10で天理大に勝利する。

天理大戦から1週間後に行われた早大戦は菅平合宿の総括となる最終マッチ。先制こそ許すが、すぐに追い付く。春シーズンには悔しい思いをした左CTB(センター)廣瀬雄也(商2=東福岡)がパスダミーでインサイドを突き、そのままトライを挙げて同点に。さらに16分には右PR(プロップ)大賀宗志(営3=報徳学園)が抜け出し、パスをつないで最後は飯沼が逆転トライ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ