人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月6日

【ハイライト動画あり】同志社大学、大学王者・天理大学から6年ぶりの勝利で優勝。ラグビー関西春季トーナメント決勝

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

果敢に攻め込む共同主将の南

7月4日、天理親里競技場(奈良県)で、ラグビー関西大学春季トーナメントの決勝、天理大学vs.同志社大学戦が行われた。

前半から接点で強さを見せた同志社は、相手に流れを渡さず、35-19で勝利。大学王者・天理大から6年ぶりの白星をあげ、見事春季トーナメントで頂点に立った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

試合開始早々にゲームは動く。前半3分、天理大にモールを組まれ先制トライを許した(0-5)。しかし、紺グレは冷静なプレーを見せる。同7分、ラインアウトからモールを形成するとそのまま押し込みHO(フッカー)谷本(4年、同志社)がトライ。

準決勝の京都産業大学戦と同じくモールから得点が生まれた。プレースキックをSO(スタンドオフ)嘉納(2年、大阪桐蔭)が着実に決めて逆転に成功する(7-5)。

14分、天理大の選手がレイトチャージによりシンビンで一時退場。人数的に有利になった同志社は、PG(ペナルティゴール)で点差を広げた(10-5)。その後は両者得点を許さず、激しい身体のぶつかり合いに。「Link!Link!」と選手たちが声を掛け、得意のディフェンスで天理大に得点を許さない。

42分、相手のオフサイドにより、再びペナルティキックのチャンスを獲得。PGを選択した同志社は3点を追加し、天理大を突き放した(13-5)。

しかし、その2分後、天理大SO藤田(4年、伏見工業)が裏に転がしたボールを再度拾われ、ゴールポスト中央へトライを許す(13-12)。前半を終わって1点のリードと、気の抜けない展開で前半を折り返した。

後半に入っても、両者一歩も譲らない展開が続くが、先に得点したのは同志社だった。11分、再びラインアウトモールで前進し、HO谷本がインゴールでボールを抑えた(18-12)。

続く26分、スクラムからCTB(センター)岡野(2年、常翔学園)がゲインラインを突破。大外で待っていたWTB(ウィング)和田(文情4)にボールが渡り、ライン際に飛び込んだ(25-12)。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ