人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月23日

ラグビー日本代表に合流した松島幸太朗と姫野和樹。海外組2人のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦への意気込み

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

日本代表に合流した松島(左)と姫野 (C)JRFU

6月26日(土)のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦に向けてスコットランド・エディンバラで合宿中のラグビー日本代表。

22日(火)にオンライン会見を開き、合流したばかりの「海外組」WTB(ウィング)/FB(フルバック)松島幸太朗(ASMクレルモン・オーヴェルニュ/フランス)とNO8(ナンバーエイト)姫野和樹(ハイランダーズ/ニュージーランド)の2人が登壇した。

フランスリーグ「トップ14」のプレーオフで敗れた松島はフランスから6月19日(土)に、姫野はニュージーランドでの試合後、飛行機の乗っているだけで24時間ほどの長時間移動を経て、21日(月)に合流した。松島、姫野ともにライオンズ戦には問題なく出られる状況だという。

髪の色を金髪にした松島は新生日本代表に合流して、「練習も2~3回しかやっていないのであまり(変化は)ないですが、意識はみんな高く、チームとして成長していくと思うので継続していきたい」とコメント。

長距離の移動で「疲れている」という姫野は、「フレッシュなメンバー、新しい選手が多くいるので、変化というか、新鮮な感じ。(そういった選手の)顔を見て、自分も改めて代表のジャージーを着る喜びを感じました」と率直に話した。

2人は大活躍した2019年ワールドカップ以来となる、桜のジャージーを着ての日本代表戦を迎える。

松島は「楽しみという感じですね。ライオンズとできる機会はないですし、みんな緊張すると思いますが、ワクワクの方がずっと高い。新しいチームですし、そういった楽しみもあります」と話した。

また、姫野も「すごくワクワクしています。桜のジャージーを着られることはどんな時でもどんな状況でも、自分にとって名誉なことだし、僕の中で大事なジャージーなので、このジャージーを着られるのはいつだってうれしい」と語気を強めた。

今季、松島と姫野は日本のトップリーグではなく、海外で充実したシーズンを過ごした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ