人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月21日

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、オールブラックスに1勝1敗1分。2017年ニュージーランドツアーを振り返る

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2017年はオールブラックスと3試合戦ったライオンズ

4年に1度行われる、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの連合チーム「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」の南半球へのツアー。今年は南アフリカに遠征する。

前回は、4年前の2017年6月3日から7月8日にかけて、ニュージーランドへ赴いたが、ライオンズにとって、歴史的快挙を成し遂げた遠征となった。

◆2017年ニュージーランドツアー結果

・6月03日(土) ◯ 13-7  州代表選抜(バーバリアンズ)
・6月07日(水) ● 16-22 ブルーズ
・6月10日(土) ◯ 12-3  クルセイダーズ
・6月13日(火) ● 22-23 ハイランダーズ
・6月17日(土) ◯ 32-10 マオリ・オールブラックス
・6月20日(火) ◯ 34-6  チーフス
・6月24日(土) ● 15-30 ニュージーランド
・6月27日(火) △ 31-31 ハリケーンズ
・7月01日(土) ◯ 24-21 ニュージーランド
・7月08日(土) △ 15-15 ニュージーランド

2013年のオーストラリアツアーに引き続き、ニュージーランド出身のウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)が指揮を執ったライオンズ。

FW(フォワード)はキャプテンのFL(フランカー)サム・ウォーバートン(ウェールズ)を筆頭に、HO(フッカー)ローリー・ベスト(アイルランド)、LO(ロック)アラン ウィン・ジョーンズ(ウェールズ)、マロ・イトジェ(イングランド)らがいた。

BK(バックス)では、SO(スタンドオフ)オーウェン・ファレル(イングランド)、ジョナサン・セクストン(アイルランド)、FB(フルバック)スチュアート・ホッグら、各代表の中心選手41人で臨んだ。

ライオンズは「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表とのテストマッチ3連戦の前に、ガットランドHCの息子ブリンが10番で出場したニュージーランドバーバリアンズや、マオリ・オールブラックス、そしてスーパーラグビーの各チームと、計7試合を行った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ