人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月4日

明治大学、勝ちながら成長するチームに。ラグビー関東大学春季大会 東海大学戦プレビュー

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

主将としてチームを引っ張る飯沼

明治大学の新チームが始動した。主将にはSH(スクラムハーフ)飯沼蓮(営4=日川)が就任。飯沼組が掲げた新たなチームスローガンは『MEIJI PRIDE』。

「ここでもう1度強い明治をつくり上げて、明治の誇りを取り戻す」(飯沼)。昨年度、全国大学選手権・準決勝で天理大学に敗北した明大。果たすことができなかった大学日本一に向けて、そして明大の誇りを胸に飯沼組の挑戦が始まった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

春季大会初戦の相手は日本大学。拮抗(きっこう)した展開が続き、両者ともに譲らない試合だった。同点で迎えた前半36分、敵陣22m付近でのスクラムから素早いパスで展開し、最後は右WTB(ウイング)松本純弥(政経4=佐賀工)がグラウンディング。だが、前半終了間際にトライを奪われ12-12で前半を折り返す。

後半に入ると開始早々に日大にトライを許してしまう。しかし、この苦しい時間を打破したのが途中出場したPR(プロップ)村上慎(商4=法政二)。27分、相手のペナルティから素早くリスタート、トライを挙げて同点に追いつく。

今季SOでブレーク中の伊藤

さらに32分にはSO(スタンドオフ)伊藤耕太郎(商2=国学院栃木)とCTB(センター)齊藤誉哉(文3=桐生一)がビッグゲインし、最後は今試合が公式戦初出場となったWTB金昂平(政経1=大阪朝鮮)がトライ。リザーブメンバーの活躍もあり、逆転に成功。飯沼組として初めての公式戦を勝利で収めた。

日大戦で掲げたテーマは『Keep Moving』。全員が80分間動き続けるということを意識して臨んだ結果、初戦を白星で飾ることができたが課題も多く残る試合だった。

「勝つには勝ったが、収穫を得られなかった試合だった。チャレンジしていないことが一番だった」(田中澄憲監督)。勝つということを意識しすぎた故に動きが硬くなってしまい、チャレンジしていくということに課題が残った。

迎えた春季大会2戦目。相手はフィジカルに定評のある流通経済大学。前半開始早々、パスミスにより敵陣10mラインからの独走トライで先制点を許してしまう。明大の反撃は前半16分。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ