人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月1日

【ハイライト動画あり】帝京大学、開幕2連勝。中央大学から87点を奪う圧勝。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

3トライを決めたNO8奥井

初戦を白星スタートで切った帝京大学が、開幕2連勝で王者復活の狼煙を挙げた。5月30日、帝京大百草グラウンドで中央大学と対決し、87-12で勝利して圧倒的な力を見せつけた。主将のPR(プロップ)細木康太郎(4年=桐蔭学園)は「課題が見つかる良い試合だった」と語った。

先制点を決めたのは帝京大。試合開始3分、NO8(ナンバーエイト)奥井章仁(2年=大阪桐蔭)がキックしたゴロパントをLO(ロック)青木恵斗(1年=桐蔭学園)がキャッチし、そのまま走りきってトライ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

スーパールーキーは前試合に引き継き、先制トライを決めた。SO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)もコンバージョンキックを決め、チームに勢いをつけると、前半14分、バックスの展開からロングパスが1人余っていたWTB(ウィング)高本とむ(2年=東福岡)に渡ってトライ。

その2分後、敵陣ゴール前で中央大が立て続けにノットロールアウェイとコラプシング。どちらも帝京大はスクラムを選択し、そのままスクラムで押し込んでトライ。その後も3トライ3ゴールを決め、42-0で前半終了。帝京大は怒濤の攻撃で相手に1点も入れさせない展開となった。

ラグビー関東大学春季大会 Bグループ

後半3分、帝京大は敵陣ゴール前でのラインアウトからモールを押し込み、PR高井翔太(3年=常翔学園)がトライ。後半7分、敵陣での連続攻撃から右展開。高本(幹)が好ゲインし、パスを受けた奥井がこの試合3本目のトライ。その3分後、LO尹礼温(2年=大阪朝鮮)もトライを決め、点差を広げていく。

さらに後半13分、SH(スクラムハーフ)谷中樹平(3年=御所実業)からのオフロードパスを受けた尹がゴール前まで運び左へ展開、そのまま大藪がトライ。後半20分、帝京大は左展開で高本とむが一気に抜け出してビッグゲイン。右展開でWTB白國亮太(4年=大阪府立摂津)がゴール前まで運び、FL(フランカー)上山黎哉(4年=大阪桐蔭)がトライ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ