人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月28日

筑波大学、法政大学戦で見えた課題。意図したディフェンスを見せたい大東文化大学戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 筑波大学新聞
  • Line

筑波大学にとって今季初の公式戦であった5月16日の法政大学戦。チームの目標であった「失点を20点以下で抑える」ことができず、12-34で敗れた。悔しい結果となった初戦から約2週間。チームは法政大戦との敗因を明らかにし、次の大東文化大戦に備え、課題解決のための練習に取り組んできた。

法政大戦では筑波大の連携ミスやハンドリングエラーが目立った。法大にそれらのミスを突かれ、失点した場面もあった。

前半5分には法大のFB(フルバック)石岡玲英(2年・御所実)が持ち前の足の速さで周囲を引き離し、PR(プロップ)河村龍成(3年・明和県央)、WTB(ウイング)坂田龍之介(3年・東海大仰星)とつないで先制トライを決めた。さらに前半33分にWTB坂田が再びトライを決め、得点した。

筑波大は昨年怪我から復帰したSH(スクラムハーフ)鈴木淳史(4年・中部大春日丘)や主将のFB松永貫汰(4年・大産大付)らが積極的に走り、粘り強くアタックする場面もあったが、得点にはつながらなかった。前半は法大に2トライ2ゴールのほか、2本のPG(ペナルティゴール)を許し、20点の失点で終わった。

公式戦デビューを果たした1年生の堀

巻き返しを図った後半では、筑波大は粘り強いディフェンスを見せた。後半5分には左サイドのラインアウトからスムーズにボールをつなぐと、期待の新人、SO(スタンドオフ)堀日向太(1年・中部大春日丘)のパスを受けて、松永が右サイドを疾走。ゴールライン直前、WTB(ウイング)星野孔志朗(2年・福岡)がボールを受けとりトライを決めた。堀が落ち着いてコンバージョンキックを決め、筑波大は7点を返した。

だが、後半14分に法大の主将、NO8(ナンバーエイト)大澤蓮(4年・長崎南山)にトライを決められ、再び点差を広げられる。後半24分には、筑波大がラインアウトからモールで押し続けてトライを決めるも、後半33分に法大に再びトライを決められた。

結局、点差を縮められずに22点差で敗北した。松永主将は「必要な声掛けが途切れてしまった。何とかトライを取りたいという焦りから冷静な判断ができず、ミスが続いて失点につながった」と振り返った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ