人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月18日

【ハイライト動画あり】帝京大学、好スタートも「まだまだ甘い部分がある」と細木主将。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

初白星をあげた帝京大学(左端は細木主将)

昨シーズンの対抗戦A、リーグ戦1部の4~6位が参加するラグビー関東大学春季大会Bグループ。5月16日(日)、帝京大学の初戦は生憎の雨模様の中、帝京大百草グラウンドで大東文化大学を迎え撃ち、57-7で初白星。好スタートを切った。

試合開始早々、帝京大は激しいアタックで勝負を仕掛けるも、大東大は粘り強くディフェンスを続ける。試合開始10分過ぎまで、両者1歩も譲らない展開となった。

前半15分、先制点を決めたのは帝京大。敵陣ラインアウトからのモールでゴールライン際まで攻め込み、FL(フランカー)青木恵斗(1年=桐蔭学園)がトライ。1年ながらにして早くもスタメンに選出された青木が活躍を見せた。SO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)が見事にゴールキックを成功させ、7-0となった。

その7分後、敵陣ラインアウトからのモールを押し込み、PR(フロップ)照内寿明(4年=國學院大學栃木)がトライ。そして前半26分、帝京大は自陣まで攻め込まれるが、ターンオーバーからカウンター攻撃を仕掛ける。

3トライを決めた白國

青木からパスを受けたNO8(ナンバーエイト)奥井章仁(2年=大阪桐蔭)がキックと見せかけて、ステップで抜き去ってゴロパント。それをWTB(ウィング)白國亮太(4年=大阪府立摂津)がキャッチし、パスを受け取ったFB(フルバック)小村健太(4年=ハミルトンボーイズ)がトライ。さらに前半39分にもう1トライをあげ、26-0で前半を終えた。

後半開始1分、大東大ボールでのスタートだったが、帝京大はミスを誘って奪い返し、カウンター攻撃を始める。パスミスも多くみられたが、なんとか繋いでトライ。

さらに大東大が敵陣ゴール前ラインアウトからモールを組むが、帝京大がそれを押し込みターンオーバー。奥井の好アシストでそのまま右展開し、高本のキックを白國がキャッチしてトライ。

このままではいられない大東文化大は意地を見せる。帝京大のゴール前でのミスを見逃さず、カウンター攻撃を仕掛け、パスを繋ぎながら一気に攻め返してトライ。ゴールも成功し、40-7になった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ