人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月17日

【ハイライト動画あり】竹部力、石岡玲英、金侑悟…。下級生も躍動の法大が、筑波大に勝利。関東大学春季大会Bグループ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

筑波大学 vs. 法政大学

有望な1、2年生も躍動した法大が白星スタートを切った。

昨シーズンの対抗戦A、リーグ戦1部の4~6位が参加する関東大学春季大会Bグループ。

第1週を迎えた5月16日(日)は、埼玉・セナリオハウスフィールド三郷で、筑波大学(対抗戦5位)と法政大学(リーグ戦4位)が相まみえた。

法大は2016年より指揮官を務めた元神戸製鋼の苑田右二氏が勇退となり、今季よりクボタでプレーした松隈孝三氏、神戸製鋼や釜石シーウェイブスで活躍した伊藤剛臣氏が現場指揮を執る。

法大は大会初戦のターゲットを「順目へのアタックとブレイクダウン」(NO8大澤蓮キャプテン)と定め、その言葉通り、ラックの連取から順目方向へアタックを続けた。

開始直後、筑波大のアタックをいきなりジャッカルでターンオーバーしたのは、法大2年のLO竹部力だ。

大分舞鶴出身の19歳は、父、祖父が法大で大学日本一を経験した楕円球エリート。そんなLO竹部はその後も2度目のジャッカル、パワフルなボールキャリーなど、攻守にわたり見せ場を作った。

一方の筑波大は初戦ということもあってか、連係ミスに苦しんだ。

「本格的な試合は初めてでした。いまの立ち位置を浮き彫りにさせてくれるようなゲームで、逆に良かったと思います」(筑波大・嶋ザキ(山に竒)達也監督)

 法大は序盤から連係ミス、ハンドリングエラーが続いた筑波大を攻め立て、前半5分、御所実業出身の2年、FB石岡玲英が抜群の加速力でラインブレイク。

さらに順目にボールを走らせ、この日はジャッカルでも貢献したPR河村龍成のカットパスから、身長182センチのWTB坂田龍之介が先制トライ。7点を先制した。

 法大のFB石岡は、その後も高いハイパントなど、キックゲームでもチームの前進を助けた。前半10分、そしてWTB坂田がさらに1トライを追加した同44分には、50mを超えるロングPGも成功させ、前半のワンサイドゲームに貢献した。

筑波大も随所でポテンシャルは見せた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ