人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月14日

帝京大学、新たな世代の挑戦。新主将細木を中心に日本一へ。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

帝京大学は昨季、対抗戦4位から選手権に挑んだ。優勝には至らなかったものの、過去に大学選手権9連覇を成し遂げたチームのプライドを胸に奮闘。ベスト4まで順位を押し上げて大会を終えた。そして、2季ぶりに開催となった関東大学春季大会、Bグループからのスタートは過去10回の中で初のことであり、ここからの巻き返しにより一層期待がかかる。

今年度の新主将の細木康太郎

今年度からは優勝を知らない世代の王座奪還への挑戦が始まる。そんな帝京大の新たな挑戦への舵取りを担うため、主将を任されたのはPR(プロップ)細木康太郎(4年=桐蔭学園)だ。

細木は高校時代、1年時から全国高校ラグビー大会に出場して準優勝1回、ベスト4を2回経験している。さらに高校日本代表にも選ばれており、実力も実績も申し分ない選手だ。

帝京大ではルーキーイヤーから公式戦に出場し、自らの持ち味と語る「ハードコンタクト」を存分に活かしながら着々とチームの柱として成長。大学選手権で優勝したいという熱い想いを口にしていた。主将になった今年度では今まで培ってきた経験を糧にチームを引っ張っていってくれることは間違いない。

副将となった押川敦治

そんな細木を支えるのはFL(フランカー)上山黎哉(うえやまれいや・4年=大阪桐蔭)、SO/FB(スタンドオフ/フルバック)押川敦治(4年=京都成章)だ。

上山は高校時代、2017年度高校日本代表アイルランド遠征のメンバーに選ばれる実力の持ち主であり、大阪桐蔭の主将を務めた。押川は公式戦のレギュラーメンバーとしての出場回数も多く、実践経験に富んでいる。また、高校時代は日本代表に選出され、京都成章で主将を務めたこともあり、両者ともにリーダーシップに優れている。まさに副将に適した存在だろう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

帝京大の層の厚さは今年も健在だ。昨年度、1年生ながらにしてレギュラーメンバー入りを果たし、主力として活躍したHO(フッカー)江良颯(2年=大阪桐蔭)や、NO8(ナンバーエイト)奥井章仁(2年=大阪桐蔭)は今年もチームの一角を担うだろう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ