人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月14日

筑波大学、学年の垣根を超えて1つに。新たな顔ぶれで初戦に臨む。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 筑波大学新聞
  • Line

「失点は20点以下。今年は特に粘り強いディフェンスを見てもらいたい」。
そう意気込むのは、新主将のFB(フルバック)松永貫汰(4年・大産大付)だ。

昨年度、筑波大学は全国大学選手権の3回戦で流通経済大学と対戦。19-19の引き分けも抽選の末に敗退し、悔しい結果で1年を終えた。今年はチームの顔ぶれも大きく変わり、日本一に向けて再起を図る。

J SPORTS オンデマンド番組情報

今年の春、WTB(ウイング)仁熊秀斗や、CTB(センター)岡崎航大(元主将)、SO(スタンドオフ)山田雅也など、主要メンバーが卒業した。そのため、BK(バックス)は1・2年生ら下級生がスタメン争いに絡んでくることが予想される。

注目は昨年の花園でも活躍した、SO堀日向太(中部大春日丘)や、WTB大畑亮太(東海大仰星)、FB(フルバック)浅見亮太郎(流経大柏)ら、期待のルーキーたちだ。

嶋崎達也監督は「フレッシュな選手が活躍してくれることを期待している。4年生も後輩を引き上げつつ、若い勢いに負けずにプレーしてほしい」と話した。大畑こそケガで出遅れているが、松永主将ら、試合経験豊富な4年生とフレッシュマンの連携には早くも期待が高まる。

スクラムの練習に励むFW

FW(フォワード)は今年もPR(プロップ)木原優作(3年・東福岡)など3・4年生が中心となりそうだ。BKに比べてメンバーに大きな変動はないが、3番のPRはスタメン争いが激化しているという。

ケガの治療に当たっている山崎昇悟(4年・浦和)に加え、スタメン入りを目指すのは内田康介(2年・旭野)、田中希門(2年・中部大春日丘)、岡田祥吾(4年・旭野)。嶋崎監督にそれぞれの特徴を聞いた。

内田はスクラム時に安定した姿勢を保つことを強みとする。内田が入ることで課題だったスクラムの安定性が高まったという。一方、フィールドプレーを得意とするのは田中。チャンスを見極め、タイミングを逃さずジャッカルするなど、ゲームセンスが光る。

そして、試合中動き回り、激しいタックルで存在感を見せるのが岡田だ。岡田は1年時からスクラムを担当する榎真生コーチに積極的に助言を求めたり、食事法を変えたりするなど、地道に努力を重ねてきた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ