人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月23日

8強へ負けられぬ大勝負!NTTコミュニケーションズとキヤノンがプレーオフ2回戦で火花

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

NTTコミュニケーションズ vs. キヤノンスターティングメンバー

2010年度より日本最高峰トップリーグに参戦し、急成長を遂げてきたNTTコミュニケーションズ

12年度よりトップリーグで戦い、今季新任の沢木敬介監督のもとで上昇を始めたキヤノン

ノックアウト方式の「トップリーグ2021」プレーオフ・トーナメント2回戦で、上位定着を狙う両軍が激突する。

4月25日(日)に東京・江戸川区陸上競技場で、レッドカンファレンス4位(3勝3敗1分け)だったNTTコミュニケーションズと、ホワイトカンファレンス5位(3勝3敗)だったキヤノンが顔を合わせる。

初の4強入りを狙うNTTコミュニケーションズは、開幕白星でスタートしたものの以後3戦は2敗1分け。しかし白星の停滞を通じて「もう一度自分達を見つめ直す時間ができました」(FL金正奎共同キャプテン)。

第5節からの2試合は、東芝、宗像サニックスを相手に1試合の最大勝ち点「5」を連取。第7節サントリー戦では大敗を喫したが、FL金共同キャプテンは「こうした経験ができたことが大きい。これをどうトーナメントに繋げるかが重要」と語っていた。

プレーオフまでの2週間でどんな準備を積み、本番のキヤノン戦ではどんなプレーを見せるのか。

一方のキヤノンは、3連敗からの3連勝というU字型の軌跡を描いてプレーオフ初戦を迎える。

開幕節でNTTドコモに2点差の惜敗(24-26)を喫し、優勝経験のある神戸製鋼、パナソニックを相手に2試合連続で大敗。

しかしパナソニック戦の前半をロースコア(0-11)で折り返すと、沢木監督は「ファイトする姿勢が見えた」と評価。新主将で21年度日本代表候補のSO田村優も「悲観していない」と語ったが、その言葉を以後の3連勝で証明した。

第4節ヤマハ発動機戦は敵地戦だったが、クイックリスタートなど急襲をメインとした神懸かり的な試合運びを見せ、40-32で今季初勝利。

第5節ではリコーとの「事務機ダービー」も制し、中止となった第6節日野戦を経て、第7節ではNECから11トライを奪って今季最多得点の大勝(71-24)となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ