人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月21日

スピアーズの大黒柱。立川理道キャプテンが語る好調クボタ、天理大初優勝、ルーキー藤原忍etc.

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

今季飛躍しているクボタスピアーズの大黒柱だ。

180cm93kgのマルチプレイヤーは、チーム初の開幕5連勝などトップリーグ2021で好調のクボタで主将を務める。

奈良県天理市出身の31歳。スタンドオフ経験も豊富なセンターで、サイズを活かした突進のみならず、天理ラグビー(中高大)で培った多彩なスキルで周囲を活かす。リーダーシップに優れた人格者であり、ディフェンスも粘り強い。

日本ラグビー界が誇るタフガイは、2015年W杯では日本初の1大会3勝に大きく貢献し、日本代表では55キャップ。スーパーラグビーのサンウルブズ(日本)ではチーム創設1年目から4季プレーし、16年ハグアレス戦では初勝利を決定的にするトライも決めた。

そんな質実剛健のリーダーが好調クボタの理由、母校・天理大の日本一、そしてプライベートまで、多岐にわたり語ってくれた。

■好調クボタを支える「練習の質」

立川理道選手

──佳境を迎えるトップリーグ2021ですが、ハイレベルな戦いが続いています。

トップリーグ全体のレベルが上がりました。世界的なスーパースターの参戦もそうですが、彼らがただの助っ人ではなく、チームに良い影響を与えて勢いづいているチームが多いです。そうした世界的なスターに立ち向かっていく日本人選手にも注目して欲しいですね。

J SPORTS オンデマンド番組情報

──そんなトップリーグ2021でクボタは初の開幕5連勝。飛躍している理由は?

ひとつ言えることは、日々の練習の質が上がったことです。メンバー外で悔しい思いをした選手がチームのために一生懸命に練習してくれています。もちろんこれまでもありましたが、選ばれなかった選手の努力はこれまで以上に感じます。

また、ここ数年で大きなフォワード・パックは作り上げてきましたし、今年はマルコム・マークス(19年W杯南アフリカ代表)が入ってトップクラスのラインアウト、スクラムになっていると思うので、そこは自信をもって戦っていけます。

バックスはバーナード・フォーリー(スタンドオフ/19年W杯豪州代表)、ゲラード・ファンデンヒーファー(ウイング・フルバック)、新人では山崎洋之(ウイング/明大卒)、金秀隆(フルバック/朝鮮大卒)が良い力を与えてくれて、バランスが良くなっていると思います。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ