人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月12日

【ハイライト動画あり】国内組と国外組のアンサンブル。ラ・ロシェルがセール・シャークス撃破し初の4強!

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ラ・ロシェル vs. セール・シャークス

国内組と国外組による絶妙な合奏だった。

ラ・ロシェル(フランス)が4月10日(土)、欧州最強クラブの称号を争う「ハイネケン・チャンピオンズカップ」準々決勝でセール・シャークスを破り、初の4強入りを掴んだ。

フランス西海岸チームのラ・ロシェルは、セール・シャークス戦の先発の約半数(15人中8人)がフランス出身だったが、7人は国外出身の有能選手でがっちりと補強していた。

ポジション図の中央に位置する8、9、10番はニュージーランド(NZ)出身。順にNO8ヴィクター・ヴィト、SHタウェラ・カーバロー、SOイハイア・ウエストだ。

ゲームコントロールはNZ出身者が担当する一方、フィニッシャーは南アフリカ出身者で、両ウイングはともに同国代表経験のあるレイモンド・ルール、ディリン・レイズだ。

また攻防戦で力を発揮する国外出身のパワーランナーを、フォワードとバックスに一人ずつ配置した。オーストラリア出身のLOウィル・スケルトンと、2013年からチーム所属の古株、フィジー出身のCTBレヴァニ・ボティアだ。

そしてポジションの両端は、フランス出身の安定感ある実力者。ロングキッカーであるFBブリス・デュラン、そして強力スクラムを牽引するFW第1列(PRレダ・ワルディ、HOピエール・ブルガリット、PRウィニ・アトニオ)である。

そんなラ・ロシェルは国内組と国外組がそれぞれの強みを発揮し、効果的に得点を奪っていった。

お互いにPG(ペナルティゴール)2本で6-6だった前半28分、存在感を示したのはラ・ロシェルのNZ出身者だ。

SOウエストによる絶妙なハイパントを再獲得すると、SHカーバローが振り戻しのパス。

SOウエストがさらに左大外へクロスフィールドキックを放り込み、これを同じくNZ出身のNO8ヴィトが捕球。得意のオフロードパスをフランス出身のFLアルドリットに繋げ、鮮やかにトライを奪取した。

続いては南アフリカ出身のWTBレイズ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ