人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月9日

攻撃力抜群のサントリーか。急上昇中のNTTコミュニケーションズか。トップリーグ第7節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

サントリー vs. NTTコミュニケーションズスターティングメンバー

全7試合のリーグ戦もついに最終節(第7節)を迎えた。

4月11日(日)は、東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場で、レッドカンファレンスの好カードがある。

無傷の開幕6連勝でレッドカンファレンス1位を走るサントリーが、3勝2敗1分けで同4位のNTTコミュニケーションズを迎え撃つ。

NTTコミュニケーションズは第5節で東芝に45-19で快勝すると、先週は6年ぶりのトップリーグ開催となった高知で、宗像サニックスを40-21で退けて3勝目。

サントリー戦、そしてノックアウト制のプレーオフ・トーナメントへ向けて調子は右肩上がりだ。

大きなスペースにボールを運ぶ「キープ・アタッキング・ビッグスペース」をスタイルに掲げており、同時に観る人を楽しませることも大きなターゲットにしている。

近年は宗像サニックス戦でも武器となったスクラム、ラインアウトモールなどFW戦も得意としており、サントリー戦ではどんな戦いを見せるか。

迎え撃つサントリーはリーグ随一の攻撃力を示している。

46トライは2位神戸製鋼に8トライ差をつけてリーグ1位。326得点も1位だ。

またクリーンブレイク数136回、ディフェンス突破数223回、ゲインメータ3,731mも第6節終了時でリーグ1位であり、まさにチームの文化となっている「アグレッシブ・アタッキング・ラグビー」を体現している。

NTTコミュニケーションズスターティングメンバー

そんな6度目のトップリーグ王者を狙うサントリーに対してチャレンジするNTTコミュニケーションズは、先週から先発15人中4人を変更した。

南アフリカ出身のLOルイス・コンラディ、そして果敢なタックラーである慶大卒の栗原大介が、8番を背負って今季初出場。弟はリコーのCTB栗原由太であり、兄弟での今季トップリーグ出場を実現させる。

そして先週の高知開催では出場のなかった元スコットランド代表キャプテン、SHグレイグ・レイドローが2試合ぶりの先発。キックを駆使した巧みなゲームメイク、要所で見せる好守備も見どころだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ