人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月2日

因縁の戦い。名門トゥールーズは天敵マンスターから18年ぶり勝利なるか。ハイネケン・チャンピオンズカップ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

マンスター(アイルランド) vs. トゥールーズ(フランス)

フランスラグビーの中心地、南部の大都市トゥールーズ。

同地を拠点とするスタッド・トゥールーザンは、フランス国内最高峰「TOP14」で優勝20回、そしてヨーロッパのクラブ王者を決める「ハイネケン・チャンピオンズカップ」を4度制している名門クラブだ。

フランスラグビーはそんなトゥールーズが王朝を築いた南部を中心に発展してきた。首都パリを含む北部は比較的強豪が少なく、パリ以北になるとTOP14チームはおろか国内2、3部チームも皆無となり、ラグビー不毛の地と言ってもよい。

そんなリーダー的存在のトゥールーズにも天敵は存在する。

アイルランドのマンスターだ。

2度のチャンピオンズカップ優勝を誇る強豪との通算対戦成績は、マンスターの4勝2敗と分が悪い。

しかもトゥールーズはチャンピオンズカップで現在3連敗中(08、14、17年)であり、勝利は18年前の準決勝(03年4月26日/13-12)まで遡らなければならない。

輝かしい戦績からは想像しづらい、屈辱の3連敗だ。

08年の決勝戦では7万4417人の大観衆の前で優勝をさらわれ、14年は47失点して敗戦、17年は25点差(16-41)で大敗した。

そして前回対戦で辛酸をなめた舞台が、マンスターの本拠地トモンドパーク(アイルランド、リムリック)だった。

今大会、同地で開催される4月3日(土)のプレーオフ1回戦で、トゥールーズは大会18年ぶりのマンスター撃破を目指す。

今季のチャンピオンズカップは、欧州強豪6か国(イングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、フランス、イタリア)の24チームが2組に分かれ、上位8チームがプレーオフに進出する予定だった。

しかし新型コロナウイルスの影響で第3、4節が中止となり、急転直下のフォーマット変更。第2節終了時での上位16チームが、ノックアウト・トーナメントで5月22日の決勝戦を目指すことになった。

そして3月に行われた組み合わせ抽選で、因縁浅からぬ大会4冠王者と、2冠王者の対戦が決まったのだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ