人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月1日

ラグビー欧州最強クラブ決定戦、ハイネケン・チャンピオンズカップが3か月半ぶりにノックアウト戦で再開。グロスター×ラ・ロシェル戦プレビュー。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

グロスター(イングランド)vs. ラ・ロシェル(フランス)

フランスのTOP14、イングランドのプレミアシップ、そしてアイルランド、スコットランド、ウエールズ、イタリアの4か国によるPRO14という欧州ラグビー強豪国のリーグ戦の上位チームが集結し、ヨーロッパ最強クラブの座を争う『ハイネケン・チャンピオンズカップ』。今季は24チームがプールA、プールBの2組に分かれて各チーム4試合ずつを戦い、その後プレーオフトーナメントで王者を決定する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で1月の第3、4節が中止となり、第2節を終えた時点での各プールの上位8チームずつがノックアウトステージに進むこととなった。

ノックアウトステージの組み合わせ抽選は3月9日に行われ、準々決勝までのカードが決まった。なお、4月2日~4日に開催される1回戦(ラウンド・オブ・16)は同一リーグのチーム同士の対戦を避ける形で実施され、準々決勝は当初のホーム&アウェイ方式から一発勝負のフォーマットへと変更して、4月9日~11日に行われる。ここでは、4月2日(金)20時(日本時間3日午前4時)キックオフのグロスター(イングランド)対ラ・ロシェル(フランス)の一戦を展望してみたい。

グロスターはラウンド1でリヨン(フランス)に10-55と完敗したものの、翌週のラウンド2でアルスター(アイルランド)に38-34で競り勝ち、プールB8位でノックアウトステージに滑り込んだ。所属するイングランドのプレミアシップでは現在4勝11敗で12チーム中11位と苦しんでいるが、シックスネーションズで目を見張る活躍を見せたジョニー・メイ(イングランド代表、今季より加入)、ルイス・リースザミット(ウエールズ代表)の両WTBが復帰した3月26日のラウンド15では、昨季のハイネケン・チャンピオンズカップ王者のエクセター・チーフスに34-18で勝利し、復調の兆しを見せている。

プレミアシップの中位以降が定位置だったグロスターにとって大きな転換点となったのは、2017年の後半にヨハン・アッカーマンがヘッドコーチ(HC)に就任したことだ。今季トップリーグのNTTドコモレッドハリケーンズでも卓越した手腕を発揮している名将は、キックとFW戦主体の保守的な戦い方から脱却できず低迷していたチームにアタッキングラグビーのエッセンスを浸透させ、2年目の2018-2019シーズンにプレミアシップで8季ぶりにトップ4入りを果たすなど躍進に導いた。かつてレスター・タイガースやロンドンアイリッシュでLOとして活躍したジョージ・スキヴィントンが任を引き継いだ今季はここまで思うように白星を重ねられていないものの、イングランド代表として2019年ラグビーワールドカップにも出場したSHウィリー・ヘインズや、マーク・アトキンソンとビリー・トゥエルブトゥリーズのCTB陣など、アッカーマンHC時代を知る中軸選手は健在。さらにメイ、リースザミットの両WTBにアルゼンチン代表のFBサンティアゴ・カレーラスらを加えたBK陣は強力な布陣だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ