人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月12日

注目の全勝対決。ペレナラ率いる好調NTTドコモが、ホームで首位パナソニックに挑戦。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

序盤戦でもっともインパクトを残したチームのひとつと言っていいだろう。初戦は終了間際の劇的な逆転PGでキヤノンイーグルスとの激闘を制し、第2節はNECグリーンロケッツを終盤に突き放して快勝。前節はヤマハ発動機ジュビロを撃破し波に乗るリコーブラックラムズを、ラストプレーのトライで振り切って開幕3連勝を決めた。もはや「勢い」という言葉では収まらないほどの迫力が、いまのNTTドコモレッドハリケーンズにはある。

何より際立つのは、ニュージーランド代表69キャップを誇るSH、TJ・ペレナラの存在だ。長短・緩急自在のパスワークと正確かつ滞空時間の長いボックスキックで巧みに試合を作り、ここという場面ではみずからのランで果敢に突破口を開く。2mオーバーの大型FWにひるむことなく体を当てて前進を阻むなど、ディフェンス面での貢献度も高い。まさに獅子奮迅のパフォーマンスで、エネルギッシュにチームを牽引している。

好調のもうひとつの理由は、今季より就任したヨハン・アッカーマン新ヘッドコーチ(HC)の卓越した指導力だろう。選手の結束力を高めることでチームを蘇らせ、数々の輝かしい実績を残してきたアッカーマンHCだが、「新加入の外国人選手がもう何年も在籍していると感じるくらい馴染んでいる」と関係者が感嘆しているところからも、その優れた手腕はうかがえる。初戦からエンジン全開でチームの中心になっているペレナラやLOローレンス・エラスマス主将の献身的な働きぶりは、まさにその象徴だ。

そんないいムードに包まれるNTTドコモにとって、ホームのヤンマーフィールド長居で迎える今節のパナソニック ワイルドナイツ戦は、文字通り真価を問われる一戦となる。

パナソニックスターティングメンバー

ラグビーワールドカップ2019日本大会に向け多くの選手に日本代表やサンウルブズでの活動を優先させてきたこともあって、2015年度を最後にトップリーグ優勝から遠ざかっているパナソニックだが、久々にフルメンバーで十分な準備ができた今季は万全の状態だ。初戦でリコーに55-14で完勝すると、第2節では日野レッドドルフィンズから9トライを奪って圧勝。前節もキャノンイーグルスを47-0と完封し、全試合ボーナスポイントつきの3連勝でホワイトカンファレンスの首位に立っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ