人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月21日

トップリーグ開幕!優勝候補は順当に勝利、スーパースターもデビューを果たす。第1節試合結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2月20日(土)21日(日)、18年目のトップリーグが開幕した。来年から新リーグが始まるため、ラストシーズンとなる。20日(土)は5試合、21日(日)は3試合が全国各地で行われた。

J SPORTS 放送情報

まずはホワイトカンファレンスから見ていこう。20日(土)、大阪・東大阪花園ラグビー場では、一昨年度・王者の神戸製鋼コベルコスティーラズに、NECグリーンロケッツが挑んだ。

神戸製鋼は先制されたものの、前半8分、PR(プロップ)中島イシレリがトライを挙げると、さらに2トライを加えて21-7とリードする。その後はNECのアタックにもリズムが生まれ、相手のシンビン中、SH(スクラムハーフ)中嶋大希らが2トライを返すなどして、前半は28-26と神戸製鋼のリードで折り返す。

後半、15人に戻った神戸製鋼が再び主導権を握ってボールを広く動かし、WTB(ウィング)ベン・スミスらが3トライを重ねて47-26と勝負を決めた。アタックが機能していたNECも試合終了間際に2トライを挙げて、最終スコアは47-38。相手にボーナスポイントを与えない奮闘ぶりを見せた。MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は神戸製鋼SH徳田健太が受賞した。

医学部合格を自らのトライで祝ったパナソニックWTB福岡

同日、秩父宮ラグビー場では優勝候補の1つパナソニックワイルドナイツvs.リコーブラックラムズが行われた。パナソニックは先制されたものの、前半の後半からはペースをつかみ、前半24分にはFL(フランカー)布巻峻介、33分にはSH内田啓介がトライを挙げて20-7で前半を折り返した。

後半6分、リコーはWTBキーガン・ファリアの2つ目のトライで14-20と6点差に追い上げる。しかし、パナソニックは12分にHO(フッカー)堀江翔太ら4人をベンチから一気に投入。ゴール前、相手ボールのスクラムを押し込み、ターンオーバーして、そのまま途中出場のNO8(ナンバーエイト)福井翔大がトライ。

その後はパナソニックがWTB福岡堅樹のインターセプトからのトライなど、4トライを重ねて55-14で快勝した。MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は2PG(ペナルティゴール)、7ゴールをすべて沈めたSO(スタンドオフ)松田力也が選出された。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ