人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月19日

史上最大の激戦となるトップリーグ新人賞を予想する

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

昨年、新人で大活躍したWTB竹山(パナソニック)

いよいよ、2月20日(土)に開幕するトップリーグ。来年から新リーグが始まるため、現行の形では最後のシーズンとなる。

そんな中で注目されているのが「新人賞」である。昨年のシーズンが途中で中断されてしまったため、現在2年目の選手に加え、今年1年目の選手。さらに現在、大学4年生で4月から社会人となる選手も対象になる。

現実的に言えば4月から新社会人となる選手は、試合数が少なくなるため、新人賞は2年目、そして1年目の選手によって争われることになるはずだ。なお、新人賞は監督やキャプテン、記者による投票で決まる「ベスト15」とは違って、リーグによって決定される。

それでは、まず過去16シーズン、17人の受賞者を見てみよう。SH(スクラムハーフ)田中史朗(当時・三洋電機/現・キヤノン)、FL(フランカー)リーチ マイケル(東芝)、SH日和佐篤(当時・サントリー/現・神戸製鋼)、PR(プロップ)稲垣啓太(パナソニック)、LO(ロック)/FL姫野和樹(トヨタ自動車)など日本代表、そしてワールドカップで活躍した選手がずらりと並んでいることがわかるだろう。

近年は新人賞を受賞する前に日本代表に選ばれる選手も出てきたが、桜のジャージーに向けて、登竜門的な賞であることには変わらない。また、基本的には、慣例として上位6位以上のチームから選ばれており、2013年度だけPR稲垣とNO8(ナンバーエイト)堀江恭佑(当時・ヤマハ発動機/現・日野)のダブル受賞だった。

J SPORTS 放送情報

◆トップリーグ歴代新人賞

・2003年度:SO菅藤心(サントリー)
・2004年度:WTB水野弘貴(トヨタ自動車)
・2005年度:SH後藤翔太(神戸製鋼)
・2006年度:WTB北川智規(三洋電機)
・2007年度:SH田中史朗(三洋電機)
・2008年度:PR畠山健介(サントリー)
・2009年度:LO真壁伸弥(サントリー)
・2010年度:SH日和佐篤(サントリー)
・2011年度:FLマイケル・リーチ(東芝)
・2012年度:PR吉田康平(トヨタ自動車)
・2013年度:PR稲垣啓太(パナソニック)、NO8堀江恭佑(ヤマハ発動機)
・2014年度:WTB山下楽平(神戸製鋼)
・2015年度:LO小瀧尚弘(東芝)
・2016年度:NO8松橋周平(リコー)
・2017年度:LO/FL姫野和樹(トヨタ自動車)
・2018年度:CTB/WTB岡田優輝(トヨタ自動車)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ