人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月18日

速攻のパナソニック。愚直なリコー。トップリーグ2021開幕節で激突!

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

約1か月の開幕延期をへて、ラグビーの国内最高峰「トップリーグ2021」が2月20日(土)にいよいよ幕を開ける。

仕切り直しの開幕節、東京・秩父宮ラグビー場で相まみえるのは、ホワイトカンファレンスに所属する2チーム。

15年度以来5度目の優勝をめざすパナソニックと、16年度から3季連続でトップ8に入っているリコーだ。

パナソニックスターティングメンバー

パナソニックは14年度より指揮を執るロビー・ディーンズHC(ヘッドコーチ)のもと、19年W杯日本代表のHO坂手淳史が主将を務める。

パナソニックが追求する今季のラグビーについてHO坂手主将は「ファンの皆さんが楽しめるラグビー」を第一とした上で、チームの伝統についてこう語った。

「パナソニックの伝統である『ディフェンスからアタックに切り替わるスピード』といった部分を重点的に取り組んできました。伝統を守りながら戦いたい」

攻守交代からトライを獲りきる、いわば「堅守速攻」のスタイルは今季も健在。さらに多士済々のパナソニックならではの問題が今季は解消されたという。

「これまでのパナソニックは(日本代表クラスの合流後の)準備が、長くても1か月前からでした。今シーズンはすごく長い時間を一緒に過ごしているので、コミュニケーションが取れています」(HO坂手主将)

パナソニックは19年W杯日本代表が6人在籍(PR稲垣啓太、HO堀江翔太、HO坂手主将、PRヴァルアサエリ愛、SO松田力也、WTB福岡堅樹)。さらに布巻峻介などサンウルブズ選手も多く、代表活動等がある主力との連携面がポイントのひとつだった。

しかし今年はコロナ禍による活動中止・制限がパナソニックには奏功。チームとしての練習時間が増え、連携面での不安が解消されたという。はたして連携十分のパナソニックはどんな攻守を見せるのか。

パナソニックの先発メンバーが発表されている。

FW第1列は全員が19年W杯代表。PR稲垣、HO坂手主将、PRヴァルだ。ロックには今季新加入の19年W杯イングランド代表、ジョージ・クルーズが先発入りした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ