人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月16日

稲垣啓太はプレーで伝える。 過去最高の仕上がりで臨む新シーズン

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

待ちに待ったトップリーグが2月20日に開幕する。笑わない男・稲垣啓太は、ラグビーワールドカップ(RWC)日本大会で時の人となり、以降は各種メディアで活躍する。所属するパナソニック ワイルドナイツは、4シーズンぶりの優勝を目指して準備を整えている。稲垣は今どんな思いで開幕に向かうのか、トップリーガーとしてコロナ禍でできることとは何か。インタビューは意外にも花の話から始まった。

稲垣啓太選手

──最近流行のclubhouse(音声SNS)でお話されているのを聞きました。家に花を飾っているんですね。
「小さい頃からの家の習慣なんです。玄関とトイレには必ず花が飾ってあった。だから僕も花屋さんに行くし、花をいただくこともあるので、それを一輪挿しにして飾ったりしています。自分で買う時はなるべく季節の花を選んでいますね。今は、いただいた黄色い薔薇と、アンセリウムを飾っています。僕の口からアンセリウムなんて出てくると思わなかったでしょう?(笑)」

──稲垣選手は声がラジオに向いているように感じました。
「先日、clubhouseで一緒に話していたシャウラさんがMCを務めるラジオに出させていただいたことがあるんです。そのとき、『稲垣さん、ラジオをやったほうがいいですよ』と言ってもらって、試しに2人でやってみようということになりました。声、いいですか?」

──良いと思います。すごく聞き取りやすいです。
「いわゆる、イケボ(イケメンボイス)ですか(笑)。でも、僕の声は電話だと聞き取りづらいらしいです」

──さまざまなメディアに出演されていますが、RWC日本大会で有名になって、外出するときなど気を使うのではないですか。
「今は必要最低限の外出しかしていませんが、そうなると宅配を頼みますよね。そういうとき、僕は普通に玄関に出ていくので、配達員の方の『あっ!』という反応はありますね。その反応を楽しんでいる感じはあります(笑)。変装しようもない体の大きさなのですが、最近はマスクをするのが当たり前ですよね。それで隠せているかと思ったら、周りからはまったく隠せていないって言われます」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ