人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月5日

チームの垣根を越えた仲良し対談テキ×トモ!同じ兵庫県出身だけど学年も学校も違う、東芝・徳永祥尭選手×キヤノン・庭井祐輔選手の知られざる関係とは…?

ラグビーレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

徳永祥尭選手と庭井祐輔選手

バチバチと身体を当て、時には喧嘩のように熱い感情をぶつけ合うラグビー。
だけど試合が終わると笑顔でお互いを讃え合う―ラグビーを初めて見る人には不思議な光景ですよね。
今回はそんな、チームの垣根を越えて友情を結ぶ2人の選手をピックアップ。
「試合中は相手(友達)をどんな風に見ているの?」「仲良くなったきっかけは?」など、
気になる疑問に答えて貰いました。これであなたも2人の対戦を見るのが楽しみになる事間違いなし!

今回は東芝ブレイブルーパスで共同主将を務める徳永祥尭選手とキヤノンイーグルスでバイスキャプテンを務める庭井祐輔選手の2人の仲を深堀り!
RWC2019メンバーに選ばれるも試合出場が叶わなかった徳永選手、日本代表候補に名を連ねながらも度重なる怪我でメンバー入りを逃した庭井選手。
学年も学校も違う2人の出会い、そしてお互いを結ぶ共通のものとは…?
※取材はリモートで別々に行いました

──2人の出会いを教えて下さい。

徳永「中学の頃から(庭井選手を)知っている事は知っていて、中2くらいの時に僕が兵庫県の選抜に入って、1個上に『エゲつないプレイヤーが居る』と思ったのがあの人。でもその後高校で僕が関西学院、向こうが報徳学園に入ったのでライバル関係になって、たまに話したりはするけどプライベートな事までは喋らないという間柄でした。」

庭井「兵庫県の選抜で一緒にプレーをしたというのが一番最初ですかね。その時はそんなに話すという事も無く、高校でライバル関係になって、そこからはほぼ話した覚えが無いくらいの関係でした。」

J SPORTS 放送情報

──そこから仲良くなったきっかけはありますか。

徳永「2017年のサンウルブズで一緒になって、ちゃんと話すようになりました。距離が縮まりましたね。あの人結構無口なんですよ。自分からわーわー喋る人じゃなくて。でも心を開いたら結構喋るようになって来て、口数は多く無いけど要所要所でツッコんで来るワードセンスが良くて、その面白さはさすが関西人だなと思いました。」

庭井「話すようになったきっかけは2017年のサンウルブズじゃないですかね。その時はまぁ話すけどそこまで仲良いって感じじゃなかったんですけど。
2019年の初めに僕がアキレス腱を切って、その時に徳永も顎を骨折して、一緒に怪我人をやっていた事がありました。アイツとは家が近いんですけど、(徳永選手が車を持っていないので)僕が家まで送るドライバーをさせられていた時に距離が縮まったかもしれません。怪我でお互い練習したいけど出来ないっていう状態を一緒に過ごしたのと、あとは同じ兵庫県出身なので喋り方も一緒だったりして身近に感じたのかもしれません。」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ