人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月5日

トップリーグ開幕会見。参加16チームのキャプテン、注目選手の意気込み

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

オンラインで行われたプレスカンファレンス

1月16日(土)、18回目、そしてラストシーズンとなるトップリーグが開幕する。それに先がけて、1月4日(月)に「ジャパンラグビー トップリーグ2021」シーズン開幕前のプレスカンファレンスが行われ、今大会の概要や各チームの意気込みが語られた。

従来であれば、都内の会場で各チームのHC(ヘッドコーチ)やキャプテンが登壇して行われるが、今年はコロナウィルス感染拡大防止のため、各チームはそれぞれの本拠地からオンラインで出席するという形での開催となった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

太田治チェアマン

まず、トップリーグの太田治チェアマンが「トップリーグは17シーズンで24チームが参加し、3009人のトップリーガーが1574試合を戦ってきました。その積み重ねが、2019年ワールドカップの日本代表の快挙につながったのだと思います」と話した。

さらに今年のトップリーグのコンセプトを「His Story,HISTORY.」と説明し、「新型コロナウィルス感染症対策のガイドラインを守りながらやっていくので、最後のトップリーグにかける選手たちに熱いエールを送ってほしい」と続けた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

引き続き、MCを務める、J SPORTSの実況でお馴染みの矢野武アナウンサーが、今大会の概要を説明した。今大会は「ファーストステージ」として、2018-2019シーズンの成績をもとに、16チームを「レッド」「ホワイト」の2つのカンファレンスに分け、総当たりのリーグ戦を1月16日(土)から3月6日(土)の期間で行う。

そして、3月26日(金)から始まる「セカンドステージ」では「ファーストステージ」の成績によって、16チームを4チームずつ、4プール(A・B・C・D)に振り分ける。また、9チームによって競われる「ジャパンラグビー トップチャレンジリーグ2021」の上位4チームも同様に成績によって1チームずつ、4つのプールに振り分け、各プール5チームずつとして1回戦総当たりのプール戦を行う。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ