人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月1日

明治大学、王座奪還まで残すは2戦、関西王者・天理大学と対戦。ラグビー全国大学選手権準決勝

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

明治大学の初陣となった大学選手権準々決勝の相手は、関東大学リーグ戦1部3位の日本大学。6年ぶりの選手権出場を果たした昨季に次いで、今季もノックアウトステージに名を連ねた。

開始5分、左CTB(センター)廣瀬雄也(商1=東福岡)のオフロードパスに反応した右CTB児玉樹(政経3=秋田工業)がトライ。幸先よく先制に成功する。続く21分には廣瀬のロングパスから大外に控えていた右WTB(ウイング)石川貴大(政経4=報徳学園)がインゴール右隅にグラウンディングを決め、12-0。リードを広げた。

箸本のラインブレーク

しかし、その後は「(相手の)ラインアウトの精度が高くて、モールを組まれてしまった」(NO8/ナンバーエイト箸本龍雅主将・商4=東福岡)。外国人選手を擁する相手に肉弾戦で後手に回り、自陣で受ける時間が続く。その中でも「大きくディフェンスは崩されなかった」(児玉)。しぶとく攻撃の芽を摘み取り、無失点で前半を折り返した。

後半、立ち上がりから主導権を握りたい明治大だったが、最初にゲームを動かしたのは日大。後半3分、明治大が自陣ゴール前で反則を犯すと、ラインアウトからモールで押し込まれ、トライを献上。5点差まで詰め寄られた。

「敵陣でラグビーをしよう」(箸本)。主将の一声で風向きが変わる。後半13分、敵陣ラインアウトからフェーズを重ね、ゴール前まで迫る。ラックからボールを展開し、最後はSO(スタンドオフ)森勇登(政経4=東福岡)の内側に走り込んできたFB(フルバック)雲山弘貴(政経3=報徳学園)が抑えた。

均衡を崩す貴重な追加点

このトライを皮切りに勢いづいた明治大は、続く20、33分にもトライを奪った。途中PG(ペナルティゴール)も挟み、後半22得点。試合終盤に突き放し、最終スコアは34―7。チームとしては4季連続の年越しを決めた。

準決勝で迎え撃つは、昨今関西大学Aリーグで1人旅を続けている西の横綱・天理大学。8月にチーム内で新型コロナウイルスの陽性者が出たことで、一時練習が中断していたが、リーグ戦開幕を前に練習を再開。ブランクを感じさせぬ強さで、関西リーグ全勝優勝を果たした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ