人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月25日

優勝候補の東海大大阪仰星、「真の紺色」を目指す戦い。ラグビー全国高校大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

6度目の優勝を目指す東海大大阪仰星

12月27日(日)、大阪・東大阪市花園ラグビー場で開幕する100回目の「花園」こと、全国高校ラグビー大会。今大会は記念大会のため通常より12校多い63校が出場する。

コロナ禍で選抜大会や6月のブロック大会などが行われなかったため、過去9年間の大会で、ベスト8進出した都道府県を集計し、その上位の8都府県の代表8校がシード校に選ばれた。そしてシード校8校のうち抽選の結果、唯一、1回戦が免除されたのが、紺のジャージーでお馴染みの地元大阪の東海大大阪仰星(大阪第1)だ。

仰星は過去5度、花園を制覇しており、過去10年を見ても優勝3回と準優勝2回の強豪で、今大会も優勝候補の一角を占める。前回大会こそベスト8止まりだったが、新チームとなり、2月の近畿大会では京都成章(京都)に勝利して優勝した。そして府予選も一昨年度の花園王者・大阪桐蔭に0-8から19-8と逆転勝利を収めて、20回目の出場を決めた。

練習は中等部のメンバーも一緒に行われる

2017年10月にグラウンドが人工芝となった東海大大阪仰星と言えば、中等部ラグビー部65人と高等部の部員98人、合計150人ほどが一緒に練習をすることで知られている。なお中等部は昨年度まで全国中学ラグビー大会で3連覇しており、今の高校3年生の半数ほどは、3年前に中等部で初優勝した代の選手である。

監督となって9年目を迎え、OBでもあり選手、コーチで5度の優勝すべてに絡んでいる湯浅大智監督は2年前から「(リーダシップを)1人に抱え込ませないように」と、チャンピオンになるためのチームリーダー、ラグビーを追求するゲームリーダー、クラブの文化や伝統を継承していくクラブリーダーの3人を置いている。

そのメリットを湯浅監督は「1人の責任が小さくなるわけでもなく、責任ある人が増えて、チームのいい部分が倍増していく」と感じている。今年度はインサイドCTB(センター)近藤翔耶がチームリーダー、アウトサイドCTB河村凌馬がゲームリーダー、PR(プロップ)前川直哉(いずれも3年)がクラブリーダーを務めている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ