人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月21日

【ハイライト動画あり】帝京大学、東海大学との接戦を制し2大会ぶりの準決勝進出。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

激戦となった東海大学vs.帝京大学

12月19日(土)、ラグビー大学選手権準々決勝が東西で2試合ずつ、計4試合が行われた。大阪・東大阪市花園ラグビー場では2試合が行われ、第1試合は初優勝を狙う東海大学(関東大学リーグ戦1位)と、3大会ぶりの王座奪還を目指す帝京大学(関東大学対抗戦4位)が激突した。

過去、両者の大学選手権での対戦と言えば、2009年度、2015年度、2016年度に決勝で対戦し、いずれも帝京大学が勝利して優勝している。また、2017年度も準決勝で対戦し、31-12で帝京大学が勝利していた。

東海大学は部員に新型コロナウィルスの感染者が出たため、関東大学リーグ戦の最終戦、12月6日(土)の日本大学戦を辞退して不戦敗となった。ただ、それでも6勝1敗でリーグ戦3連覇を達成した。東海大学は12日(土)から練習を再開して、この試合のために備えてきた。

帝京大学は対抗戦前半戦こそ好調だったが、後半戦は早稲田大学、明治大学、慶應義塾大学に敗れて、4位で大学選手権に駒を進めた。ただ、13日の大学選手権3回戦、対戦相手の同志社大学(関西大学リーグ2位)は部員に新型コロナウィルス感染者が出たために辞退。帝京大学の不戦勝となった。

東海大学の先発はリーグ戦最後となった、11月22日(日)の流通経済大学戦から主将のNO8(ナンバーエイト)吉田大亮(4年)を始め、FW(フォワード)に変更はなし。

BK(バックス)は1年の谷口宜顕(東海大大阪仰星)がWTB(ウィング)からFB(フルバック)に下がり、14番には突破力もあり、スキルも高い1年のポロメア・カタ(東海大福岡)が先発した。11番にはWTB林隆広(3年)が先発予定だったがケガのため、試合直前にリザーブに回っていたWTB杉山祐太(4年)が入った。

一方、帝京大学は12月6日(土)の慶應義塾大学戦からFWは3人、BKは4人と計7人と大きく変更して臨んだ。

BKを見ると、ハーフ団はSH(スクラムハーフ)土永雷、SO(スタンドオフ)北村将大の4年生コンビから、SH片岡祐二、SO高本幹也の2年生コンビを起用。さらに中盤の攻守の要、CTB(センター)ニコラス・マクカラン(4年)が開幕戦以来の先発に復帰。13番から15番までは伏見工業(現・京都工学院)出身の4年生、CTB尾崎泰雅、木村朋也(4年)、FB奥村翔(4年)が並んだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ