人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月18日

対抗戦優勝の明治大学、初戦はリーグ戦3位の日本大学と対戦。ラグビー全国大学選手権準々決勝

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

突破役として期待されるCTB児玉

最終節で早稲田大学を撃破し、22年ぶりに関東大学対抗戦で連覇を達成した明治大学。12月19日(土)の全国大学選手権準々決勝では、関東リーグ戦1部を3位で通過した日本大学と対決する。

対抗戦では初戦の立教大学戦、第2節の青山学院大学戦に快勝し、好調な滑り出しを見せた明治大。続く、第3節は初戦で慶應義塾大学に勝利した筑波大学との対戦。

前半は19-12と拮抗した状態で前半を折り返すも、後半はFW(フォワード)陣のセットプレーなどで試合を優位に進め、最終スコア33-17。対抗戦開幕3連勝を飾った。

ヤマ場の第4節、昨年は対抗戦5位で惜しくも大学選手権出場を逃した慶應義塾大学が相手。前半、PG(ペナルティゴール)で慶應大に先制点を許した明治大。自陣でのプレーが多く、慶應大の固いディフェンスに突破口を見つけられず、リードするも点差を広げられないまま前半を折り返した。

2点リードの後半ロスタイム、自陣22mライン付近で明治大がペナルティ。逆転PGを決められ、12-13で試合終了。近年の戦績で分が悪い宿敵に、またも土をつけられた。

第5節の日本体育大学戦が不戦勝となり、3週空いての第6節・帝京大学戦。前半、2本のトライを帝京大に許すも、前節で課題となった修正力を発揮し、焦りを見せることなく点差を詰めた。前半を4点ビハインドも、流れを引き寄せる形で折り返すと、後半は勢いそのままに点差を広げ、39-23で勝利を収めた。

そして迎えた対抗戦最終節、伝統の明早戦。この試合に勝利したチームが優勝となる大一番。前半から明治大のスピード感あるアグレッシブな攻撃でトライを連取。

後半に入っても試合の主導権は譲らなかった。特にラインアウトやスクラムで早稲田大を圧倒し、34-14で勝利。伝統の一戦は2年連続で明治大に軍配が上がった。

12月19日(土)、大学選手権初陣となる明治大。相手は3回戦で福岡工業大学に108-0で完封勝利した日本大学。かつては強力なFWを武器とし、「ヘラクレス軍団」と呼ばれていた日大。しかし、今年の日大はFWに加え、BK(バックス)も有力な武器とする多彩なチームである。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ